現在位置 ホーム > 青葉区トップページ > まちづくり > 平成25年度 区民協働まちづくり事業

青葉区

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

平成25年度 区民協働まちづくり事業

青葉区では、市民の皆さんと行政との協働によるまちづくりの推進、地域からの需要への的確かつ柔軟な対応のため、区民協働まちづくり事業を実施しています。

市民の皆さんとの協働により、地域課題の解決、地域の活性化および特色ある区づくりを推進するため、市民の皆さんと区役所との協働を促進する「企画事業」、市民団体が行うまちづくり活動に対する公募助成の「まちづくり活動助成事業」を行います。

 平成25年度 企画事業

事業一覧

事業名/担当課

概要

青葉区民まつり

青葉区まちづくり推進課
電話:022-225-7211(内線6136~6138)
(実施主体:同実行委員会)

11月3日(文化の日)に、地域や世代を超えた交流と区民意識の高揚を図ることを目的に、区内の多くの市民団体や企業の協賛を得ながら、「区民の代表からなる実行委員会」を組織し、区を挙げて区民手づくりの祭りを実施している事業です。平成元年度から毎年開催しており、今年で25回目になります。

個性ある地域づくり計画策定

青葉区まちづくり推進課
電話:022-225-7211(内線6136~6138)
(実施主体:同策定委員会)

連合町内会単位の地域で策定委員会を組織し、2年間にわたりこれまで地元に形成されてきた貴重な歴史や文化をもとに、自主的・主体的に地域の個性の創出に関する調査・学習活動等を行い、地域住民がまちづくりの方針を共有できる個性ある地域づくり計画の策定に取り組む事業です。郷土固有の誇りと愛着を持てるまちづくり活動を進めています。

青葉区平成風土記作成

青葉区まちづくり推進課
電話:022-225-7211(内線6136~6138)
(実施主体:同作成委員会)

連合町内会単位の地域で今日時点における地理の状況や遡れる範囲の歴史的知識(今後忘れ去られる恐れのある地域歴史や市民生活の歴史)を地域住民の手で「平成風土記」として書き留め、史料に資するとともに、今後の地域づくりの参考となる資源とするための事業です。この作業を通じて地域住民の地域愛の醸成と地域発展の契機づくりが図られ、よりよいまちづくりに役立てています。

宮城地区まつり

宮城総合支所まちづくり推進課
電話:022-392-2111(内線5132~5133)
(実施主体:同実行委員会)

宮城地区で企画した各種イベントにより、人々の交流の場をつくり、新しいコミュニケーションを広げる場とするとともに、ふるさと意識の醸成や地域の個性の創造を図ります。25回目を迎える今年は、11月4日に宮城総合支所前広場等を会場に開催しました。

仙台伝統ものづくり塾

青葉区まちづくり推進課
電話:022-225-7211(内線6136~6138)
(実施主体:同実行委員会)

仙台の地域に残る伝統民芸を理解し、ものづくりを体験することで歴史の中に息づく生活文化としての、ものづくりの奥深さと体験を通して得た達成感や知識を家庭、地域や職場で話題として取り上げ広く周知していく事業です。これらのことを通して歴史的・地域的・人物・産物などの資源を再発見し、地域の活性化につなげています。平成23年度から仙台七夕まつりの会場で、七夕飾り(くす玉)づくり体験を行っています。

仙台の昔を伝える紙芝居作り・上演

青葉区まちづくり推進課
電話:022-225-7211(内線6136~6138)
(実施主体:同実行委員会)

仙台独自の貴重な歴史や文化を多くの市民に愛され親しまれるような紙芝居としてまとめ、後世に伝える事業です。紙芝居づくりは広く公募し、優秀な作品や、制作する必要があるものについては、実行委員会で自主企画制作をしています。また、児童館や保育所、学校、社会福祉施設等での上演を行うなど、積極的な活用を図るほか、上演講習会やコンクール等により上演者の養成も行なっています。平成19年から七夕まつりの期間中、街頭での紙芝居上演を実施しています。

仙台市宮城地区市民文化祭

宮城総合支所まちづくり推進課
電話:022-392-2111(内線5132~5133)
(実施主体:同実行委員会)

宮城地区の芸術文化の伝承および創造の進展、発表者の研鑽を目的として開催し、宮城地区内で活動している団体等の発表の場を提供している事業です。毎年10月下旬から11月上旬に、絵画・書道・華道・茶道・伝承芸能等の発表を広瀬文化センターおよび市民センター等を会場に開催しています。

西部広陵太鼓

宮城総合支所まちづくり推進課
電話:022-392-2111(内線5132~5133)
(実施主体:同実行委員会)

仙台市西部地区の宮城西市民センター管内にある小学校(上愛子・大倉・作並)で伝承される和太鼓の活動を活用し、学校・PTA・町内会などが連携、協力して3地区合同の創作和太鼓を演奏します。演奏活動をとおして、さまざまな交流をはぐくみ、地域コミュニティの活性化を図ります。平成25年6月に実行委員会を立ち上げ、今年度は指導者養成を目標として研修会の開催や地域イベントでの演奏会などの活動を行いました。次年度以降は指導者による練習会の開催や、定期演奏会の開催を目標とし、創作曲「曲水の結い」の普及と会員募集による事業の発展を目指します。

回文の里づくり

宮城総合支所まちづくり推進課
電話:022-392-2111(内線5132~5133)
(実施主体:同実行委員会)

江戸時代(末期)に作並を詠んだ優れた回文と、その回文碑が旧作並街道にある縁を生かして、作並温泉を中心とした作並地区の振興を図るために「日本ことば遊び・回文コンテスト」や「全国回文大会」を実施している事業です。回文による地域活性化を図っています。

ほたるの里づくり

青葉区まちづくり推進課
電話:022-225-7211(内線6136~6138)
(実施主体:同協議会)

ホタルに関するイベントなどを通じて、大勢の区民がホタルに対しての関心と、ホタルを大切にする運動を盛り上げるとともに、ホタルの保護や、その生息環境の維持保全等に努めている事業です。

定禅寺ストリート「杜の都のアート展」

青葉区まちづくり推進課
電話:022-225-7211(内線6136~6138)
(実施主体:同実行委員会)

仙台のシンボルである「けやき並木」の美しい定禅寺通りに、「緑の文化回廊」として市民手づくりのアートを発表する機会を設けて、ジャンルや性別・年齢を超えた幅広い交流を深め、文化振興を図っている事業です。

西公園キャンドルライトファンタジー

青葉区まちづくり推進課
電話:022-225-7211(内線6136~6138)
(実施主体:同実行委員会)

西公園の活性化と市民の交流の場の提供を目的として、子どもたちを始めとする市民が未来への夢やメッセージを託した手づくりキャンドルを様々な形に並べるキャンドルパフォーマンスを開催している事業です。今年で15回目を迎え、冬の西公園を彩るイベントとして定着しています。

ページの先頭へ戻る

 平成25年度 まちづくり活動助成事業

申請のあった11事業の中から、7名の市民の方々で構成する「青葉区区民協働まちづくり事業評価委員会」の評価をもとに、以下の6事業が平成25年度の助成対象事業に決まりました。

事業一覧

事業名/団体名

概要

お宮町地域情報編集局事業

東六地区連合町内会
お宮町地域情報編集局

連合町内会内の地域住民が地域の情報を共有し、活動をより活発にすることによって地域の魅力を高めることを目的として、住民自らの手で季刊のフリーペーパーを編集・発行し、地域内に配布します。

清流を守り育てる三世代協力事業
新川川ストリームキーパー隊

新川子ども会育成会連合

新川川流域のごみ収集、パトロール等の環境保全活動を、子ども会育成会、老人クラブが連携して実施します。
活動を通して、地域の子ども、保護者、高齢者の世代間交流も図ります。

関山街道フォーラム

関山街道フォーラム実行委員会

関山街道沿線の地域資源、郷土史について研究、調査を行っている団体同士の情報の共有化、交流のためのフォーラムを実施します。
フォーラムを通じて関山街道沿線の新たな魅力の再発見、情報発信を図ります。

絆づくり田んぼアート事業

絆づくり田んぼアート実行委員会

多種の水稲を用いて田んぼに巨大な絵を描き、地域資源の活用と個性や魅力のあふれる地域づくりを目指します。活動を通して子供からお年寄りまで世代を超えた交流を図ります。

西部地区が「輝く」プロジェクト委員会

西部地区が輝くプロジェクト委員会

西部地区の伝統的な行事や芸能、行事食、郷土料理などの地域財産を次世代へつなげていくことを目的とし、記録や映像として伝承していきます。またそれらを体験してもらうための企画運営を行います。

知ろう・学ぼう!「四ツ谷用水」

「四ツ谷の水を街並に!」市民の会

四ツ谷用水の構造や位置関係等について調査を行う。四ツ谷用水について市民の理解を深めるとともに仙台の観光資源となることを目的とし、用水跡地への標柱設置や調査内容を元に講演会の開催等を行います。

ページの先頭へ戻る

区民協働まちづくり事業 企画事業関連ホームページ

お問い合わせ

青葉区役所まちづくり推進課

仙台市青葉区上杉1-5-1 青葉区役所7階

電話番号:022-225-7211

ファクス:022-222-7119