現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化振興 > お知らせ > 2018年度(平成30年度)の記事一覧 > 2018年度「仙台市文化プログラム」実施候補事業が決定しました

更新日:2018年5月2日

ここから本文です。

2018年度「仙台市文化プログラム」実施候補事業が決定しました

 2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて、仙台市及び仙台市市民文化事業団が市内に拠点を置く団体または個人事業主と共催で実施する2018年度「仙台市文化プログラム」について、審査委員会において企画提案を審査し、実施候補事業が決定しました。

1 事業の実施目的

 東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機として、地域の文化芸術分野における多様な資源を生かした文化事業を推進し、新たな成果を生み出すこと、そしてその取り組みや成果が一過性にとどまることなく、2020年以降も継続的に波及効果をもたらすことを目指します。

2 事業のテーマ

  • 2018年度に新たに公募したテーマ

   A.震災や復興を主題にした文化プログラム

   B.障害のある人たちの文化芸術活動を支援・推進する文化プログラム

  • 2017年度から継続したテーマ

   C.仙台地域固有の文化資源の発掘・活用するための文化プログラム

3 実施候補事業及び企画提案者

  • 「SHIRO Atelier & Studio-ともにつくる芸術劇場」(テーマB)

    特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパン

  • 「せんだいコンセキ発掘塾」(テーマC)※2017年度から継続

    有限会社イーピー 風の時編集部

  • 「二重のまち/交代地のうたを編む」(テーマA)

    小森はるか+瀬尾夏美

  • 「四季を通じた閖上の『さぐば』の利活用」(テーマA)

    閖上の「さぐば」プロジェクト

※2017年度からの実施事業は、2018年度事業計画についての企画提案を受け、最終審査委員会で継続の可否を審査しました。その結果、2018年度の事業継続が決定しました。

 これまでの経緯等については、下記をご覧ください。

 2018年度「仙台市文化プログラム」実施候補事業の決定について(PDF:190KB)

4 今後の予定

 最終審査委員会の審査内容を受け、企画提案者と事務局が事業実施に向けて、事業内容や人選などを協議します。その後、両者が共催協定を締結し、正式に実施が決定した事業については、後日、仙台市及び公益財団法人仙台市市民文化事業団のウェブサイト等でご報告いたします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6139

ファクス:022-213-3225