現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化振興 > お知らせ > 2017年度(平成29年度)の記事一覧 > こまつ座第119回公演・日立システムズホール仙台&仙台文学館企画事業「円生と志ん生」を上演します

更新日:2017年8月18日

ここから本文です。

こまつ座第119回公演・日立システムズホール仙台&仙台文学館企画事業「円生と志ん生」を上演します

 井上ひさしが、落語界における昭和の大名人・古今亭志ん生と三遊亭円生の満州時代を描いた戯曲「円生と志ん生」。戦後の日本人を大いに楽しませ、さらに励ましもした二人の名人が、その話芸を磨き上げることになった、混迷と狂騒の一時期を、趣向を凝らして描いた井上音楽劇、仙台初上演です。

 

1 あらすじ

 慰問のため満州に渡っていた二人の落語家・円生と志ん生は、終戦後、ソ連軍に封鎖された大連で身動きが取れなくなる。混乱する大連の街で、地獄のような日々を送りながらも落語の芸を磨く円生と志ん生は、行く先々でさまざまな女性たちと出会う。ときに彼女たちに救われ、ときに知らず知らずのうちに彼女たちを救いながら、祖国への帰還を目指して二人は懸命に生き延びていく。

2 日時

10月8日(日曜日) 13時30分開場/14時開演

3 会場

日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)シアターホール

4 作

井上ひさし

5 演出

鵜山仁

6 出演

大森博史、大空ゆうひ、前田亜季、太田緑ロランス、池谷のぶえ、ラサール石井、演奏・朴勝哲

7 料金

S席5,800円(残りわずかです)、A席4,800円、B席3,800円、ユース(25歳以下)2,000円 

※全席指定・税込

※未就学のお子様は入場できません。

8 主催

仙台市青年文化センター(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)

9 問い合わせ

  • 内容に関して 仙台文学館 (電話)022-271-3020
  • チケットに関して 仙台市市民文化事業団 (電話)022-727-1875

 

チケットは7月7日(金曜日)より、以下のプレイガイドにて発売中です。

仙台文学館※、仙台市市民文化事業団※(日立システムズホール仙台1階事務局内)、仙台銀行ホールイズミティ21※、藤崎、仙台三越、チケットぴあ、ローソンチケット

※仙台文学館、仙台市市民文化事業団、仙台銀行ホールイズミティ21は電話予約と友の会割引での購入が可能です。また、ユース席は仙台文学館のみでの販売になります。

 

詳細は仙台文学館のホームページ(以下)をご覧ください。

仙台文学館ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6139

ファクス:022-213-3225