現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化振興 > お知らせ > 2016年度(平成28年度)の記事一覧 > 「舞台スタッフ・ラボ~劇場でまなぶ舞台のウラ側~」受講生を募集します

更新日:2016年12月27日

ここから本文です。

「舞台スタッフ・ラボ~劇場でまなぶ舞台のウラ側~」受講生を募集します

 劇都仙台事業の一環として、舞台芸術に関わる人材育成を目的に、舞台スタッフの基礎とスタッフワークをとおして劇場で表現する楽しさを体感する「舞台スタッフ・ラボ」を今年度も開催します。

 レベル別に「基礎コース」と「発展・創作コース」に分かれ、基礎を学んだ方向けの「発展・創作コース」では、公演現場にスタッフとして従事し、生の舞台づくりを体験していただきます。いずれのコースもこれから舞台創作に携わろうとする方にとって実践的な講座となっています。

 また、「オープン講座」では、バックステージツアーや座談会等をとおして、現場の臨場感と生の声も体感できます。

1 基礎コース

  1. 内容 舞台監督、音響、照明、舞台美術、小道具、衣装の6部門の講義と体験
  2. 日時 1月30日(月曜日)から2月9日(木曜日)のうちの指定の日
  3. 対象 舞台技術に興味のある方
  4. 受講料 3,000円(何部門でも同金額。高校生1,000円)
  5. 定員 各部門20名程度

2 発展・創作コース

  1. 内容 演劇公演『みちのりのまじわり』(仮)の舞台スタッフワークを体験
  2. 日時 2月11日(土曜日)から19日(日曜日)
  3. 対象 舞台創作により実践的に関わりたい方(基礎コースいずれかの部門に参加必須)
  4. 受講料 5,000円円(基礎コース受講分含む)(高校生1,000円)
  5. 定員 全15名程度

※両コースの会場は、せんだい演劇工房10-BOX(若林区卸町2-12-9)と、宮城野区文化センター(宮城野区五輪2-12-70)になります。詳細は下記申込み方法をご覧ください。

 

3 オープン講座

  1. 内容 3つの劇場の舞台ウラを大公開
  2. 日時 2月4日(土曜日)バックステージツアー(宮城野区文化センター)、2月5日(日曜日)劇場のコレカラ座談会&ミニ上演会(市民活動サポートセンター)、2月7日(火曜日)「綱場(つなば)」勉強会(日立システムズホール仙台)
  3. 対象 舞台技術に興味のある方
  4. 受講料 無料
  5. 定員 各回50名程度

4 申込み方法

1月6日(金曜日)10時より受付開始(先着順)

ホームページの申込みフォーム(外部サイトへリンク)またはメールか電話で下記必要事項をお知らせください。

【必要事項】1.希望コースと部門 2.希望のオープン講座 3.氏名 4.年齢 5.連絡先電話番号 6.メールアドレス 7.住所 8.応募動機 9.日頃の活動や所属しているところ、舞台経験、スタッフ経験など(ある方のみ) 10.今後どのような活動をしていきたいか   ※オープン講座のみお申込みの方は2から8をご記入ください

5 問い合わせ

せんだい演劇工房10-BOX

電話:782-7510  

Eメール:contact@gekito.jp

ホームページ:http://www.gekito.jp/(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6156

ファクス:022-213-3225