現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化振興 > お知らせ > 2017年度(平成29年度)の記事一覧 > 仙台市市民文化事業団設立30周年記念事業 芝能とニッポン文化フェスティバルを開催します

更新日:2017年8月22日

ここから本文です。

仙台市市民文化事業団設立30周年記念事業 芝能とニッポン文化フェスティバルを開催します

卸町公園の芝生を舞台に、能楽の野外公演を開催します。併せて、日本の伝統の音楽や芸能に親しむステージをご覧いただきます。源義経は古くから日本を代表する国民的英雄として親しまれ、大衆文学や能、歌舞伎などの題材とされてきました。今回はその中でも特に代表的な能「鞍馬天狗」「橋弁慶」「船弁慶」を3本立てで上演。演能1、2では狂言と、子どもたちによる謡と仕舞も披露します。幕間には音楽と芸能に親しむ無料公演もございます。

※「芝能」とは、野外の芝生上で能を舞う古式に則った上演形式です。演劇を指す「芝居」にも通じる言葉で、かつては青空のもとで能(猿楽)やお芝居が上演されていました。

芝能のチラシ表(PDF:654KB)  芝能のチラシ裏面(PDF:809KB)

1 概要

(1)日時 平成29年9月16日(土曜日)13時00分~20時30分頃

(2)会場 卸町公園 ※雨天等の場合は能-BOXで開催

(3)料金 指定席3,500円(1公演につき/前売100席限定)

      自由席3,500円(当日のみ販売。雨天等の場合は販売しません。)

2 番組(公演内容)

(1)オープニング(無料公演)13時00分開始 演奏:Atoa.(和太鼓)他

(2)演能1 14時00分~15時10分(約70分)

    解説:山中迓晶/狂言「仏師」/仙台少年少女能楽団による謡と仕舞/半能「鞍馬天狗(白頭)」

(3)幕間(無料公演)15時30分 劇団短距離男道ミサイル 他

(4)演能2 16時30分~17時40分(約70分)

    解説:山中迓晶/狂言「土筆」/仙台少年少女能楽団による謡と仕舞/半能「橋弁慶」

(5)幕間(無料公演)18時00分 民族歌舞団ほうねん座 他

(6)演能3 19時00分~20時30分(約90分)

    解説:山中迓晶/能「船弁慶 前後之替」

3 出演者

シテ方 津村禮次郎(観世流能楽師・重要無形文化財総合認定保持者)

シテ方 山中迓晶 (観世流能楽師・重要無形文化財総合認定保持者)

狂言方 善竹大二郎(大蔵流狂言方)

子方  山中つばめ

4 問い合わせ先

せんだい演劇工房10-BOX
電話 022-782-7510

詳細はこちらのページをご覧ください。
せんだい演劇工房10-BOXホームページ(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6139

ファクス:022-213-3225