更新日:2017年1月20日

ここから本文です。

第22回定期演奏会開催レポート

第22回定期演奏会開催レポート

2012年10月6日(土曜日)、仙台市青年文化センターコンサートホールにおいて、仙台ジュニアオーケストラ第22回定期演奏会を開催しました。

開演に先立ち、恒例となりました団員有志によるロビーコンサートを行いました。

オーボエアンサンブル
アイルランド民謡:ロンドンデリーの歌
【オーボエ】内海 拓俊、佐藤 大地、菅原 絵梨、石幡 有紗、佐藤 結花、長谷 風雅

仙台ジュニアオーケストラ第22回定期演奏会 ロビーコンサート

いよいよ開演!!

今回の第22回定期演奏会で初めて指揮をする音楽監督の関谷弘志先生です。
1曲目は、ドリーブ作曲、バレエ組曲「シルヴィア」より“バッカスの行列”を演奏。
トランペットによる華やかなファンファーレで始まる曲で、とても迫力のある演奏を聴かせてくれました。

仙台ジュニアオーケストラ第22回定期演奏会 ドリーブ作曲、バレエ組曲「シルヴィア」より「バッカスの行列」(1枚目)

仙台ジュニアオーケストラ第22回定期演奏会 ドリーブ作曲、バレエ組曲「シルヴィア」より「バッカスの行列」(2枚目) 仙台ジュニアオーケストラ第22回定期演奏会 ドリーブ作曲、バレエ組曲「シルヴィア」より「バッカスの行列」(3枚目)

2曲目は、ブリテン作曲「シンプル・シンフォニー」を演奏。
仙台ジュニアオーケストラが取り組む曲としてはめずらしい弦楽器だけによる曲です。第2楽章のピッツィカートのみの演奏、第3楽章はとても美しい旋律を、じっくり歌い、聞かせることができ感動的な演奏となりました。

仙台ジュニアオーケストラ第22回定期演奏会 ブリテン作曲 シンプル・シンフォニー(1枚目)

休憩後の後半は、ハチャトゥリアン作曲、バレエ音楽「ガイーヌ」より剣の舞・バラの乙女たちの踊り・ゴパック・アイシャの目覚めと踊り・山岳人の踊り・子守唄・ガイーヌとギコ・レズギンカを演奏。
なじみのある曲を抜粋した構成でしたが、各パートの特徴が十分に発揮された演奏を聴かせてくれました。演奏終了後はホールを埋め尽くした満員の聴衆の皆様から、温かい拍手をいただきました。

仙台ジュニアオーケストラ第22回定期演奏会 ハチャトゥリアン作曲 バレエ音楽「ガイーヌ」より(1枚目) 仙台ジュニアオーケストラ第22回定期演奏会 ハチャトゥリアン作曲 バレエ音楽「ガイーヌ」より(2枚目)

カーテンコールに応えて池辺晋一郎作曲、独眼竜政宗を演奏。
関谷弘志音楽監督の指揮のもと、団員たちと息のあったハーモニーを聴かせてくれました。

今回の演奏会にご来場されたお客様から、仙台ジュニアオーケストラへたくさんのお褒めの言葉、エールをいただきました。そのうちのいくつかをご紹介します。

  • オーボエだけの6重奏はなかなか聞く機会がなかったので新鮮で良かった。
  • 舞台も指揮者も変わり、とてもフレッシュな感じを受けました。演奏曲もアンコール曲もすべてが新鮮でした。若いメンバーとは思えないほど素晴らしかった。
  • ドリーブは華やかな管楽器の音色と迫力がジュニアとは思えない印象。アンサンブルもよくまとまっていた。ブリテンはテンポが速く合わせるのも大変だったと思いますがオーケストラの音量のバランスも良く聴きやすかった。ガイーヌは難しい曲をここまで仕上げてきたレベルの高さに圧倒された。
  • 前回とはまた違ったプログラムの趣があり楽しむことができた。一人一人が真剣に、かつ表情豊かに演奏しようと一生懸命演奏している姿に心打たれました。

この他にも、たくさんの温かいメッセージをいただきました。

演奏会が無事終了し、みんなで記念撮影

仙台ジュニアオーケストラ第22回定期演奏会 記念撮影

多くの皆様にご来場いただき、誠にありがとうございました。
これからも、仙台ジュニアオーケストラへの皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

次回の演奏会は、2013年3月24日(日曜日)の「2013スプリングコンサート」です。どうぞご期待ください!

第22回定期演奏会のオマケ画像はこちらから

お問い合わせ

公益財団法人仙台市市民文化事業団コンクール推進課
〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5 日立システムズホール仙台(青年文化センター)内
電話:022-727-1876 ファクス:022-727-1873

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6139

ファクス:022-213-3225