現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化振興 > 楽都仙台(音楽) > 仙台ジュニアオーケストラ > ジュニア時事通信 > 平成24年度 > 「オープンまつり」出演、ウィーン・フィルメンバーによるワークショップレポート

更新日:2017年1月20日

ここから本文です。

「オープンまつり」出演、ウィーン・フィルメンバーによるワークショップレポート

「オープンまつり」出演

2012年10月20日(土曜日)、仙台オープン病院で行われた「オープンまつり」での演奏機会をいただき、団員有志によるアンサンブルコンサートを行いました。

1.ヴァイオリンアンサンブル

シューベルト作曲:野ばら
クヴェンツェル作曲:キャンドル・ソング
コールマン作曲:可憐なひな菊
<ヴァイオリン>鈴木陽香、豊田安華里、廣瀬葵、成田紗良、塚本江里子、小林真子

ヴァイオリンアンサンブル 

2.ホルンアンサンブル

プラーガー作曲:「組曲」よりイントラーデ、メヌエット、ジーグ
<ホルン>伊藤有沙、佐藤咲良、千葉大輝、狩野諒也

ホルンアンサンブル 

3.管弦五重奏団

近衛秀健編曲:ディズニーミュージック・コレクション
<ヴァイオリン>古関奏絵、<フルート>北村杏子、<クラリネット>亀山泰地、
<トランペット>中村祐登、<トロンボーン>矢吹厚太

管弦五重奏団 

最後に、出演者全員であいさつ

出演者全員によるあいさつ

病院内の会議室での演奏でしたが、団員は落ち着いて演奏ができ、また、お客様からは温かい拍手をいただきました。

ウィーン・フィルメンバーによるワークショップ

2010年11月3日(土曜日・祝日)、ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金の「こどもたちのためのコンサート」の一環として、ウィーン・フィルのメンバーによる仙台ジュニアオーケストラのためのワークショップが行われました。

まずは、弦楽器、木管楽器、金管楽器・打楽器に分かれて分奏練習。7名のウィーン・フィルメンバーによるていねいな指導が行われました。

(弦分奏の練習風景)

弦分奏(1枚目) 弦分奏(2枚目)

(木管分奏の練習風景)

木管分奏(1枚目) 木管分奏(2枚目)

(金管・打楽器分奏の練習風景)

金管・打楽器分奏(1枚目) 金管・打楽器分奏(2枚目)

休憩をはさんで、合奏練習。ウィーン・フィルメンバーも団員の中に入り、一緒に演奏しました。

合奏(1枚目) 合奏(2枚目)

練習終了後には、ジュニアオーケストラ団員から「毎日、何時間練習するのですか」「ウィーン・フィルにどうやって入ったのですか」などの質問があがり、ウィーン・フィルのメンバーはそれぞれ丁寧に回答してくださいました。また、ウィーン・フィルメンバーと一緒に記念撮影し、ジュニアオーケストラ団員は楽譜や楽器ケースにサインしてもらって交流することができました。

質問タイムサインをいただいている様子(1枚目)

サインをいただいている様子(2枚目)

世界最高峰のウィーン・フィルメンバーに指導していただけたことは、団員たちにとって素晴らしい経験だったと思います。

お問い合わせ

公益財団法人仙台市市民文化事業団コンクール推進課
〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5 日立システムズホール仙台(青年文化センター)内
電話:022-727-1876 ファクス:022-727-1873

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6139

ファクス:022-213-3225