現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化振興 > 楽都仙台(音楽) > 仙台ジュニアオーケストラ > ジュニア時事通信 > 平成25年度 > ジュニアオーケストラフェスティバル2013 in NIIGATA参加レポート[本番前編]

更新日:2017年1月20日

ここから本文です。

ジュニアオーケストラフェスティバル2013 in NIIGATA参加レポート[本番前編]

2013年8月16日(金曜日)~18日(日曜日)、新潟市民芸術文化会館「りゅーとぴあ」において開催されたジュニアオーケストラ・フェスティバルに参加しました。
このフェスティバルは、全国公立ジュニアオーケストラ連絡協議会に加入している団体が、互いに仲間たちの演奏を聴くことで刺激を受け、その貴重な経験を地元での演奏活動に活かすために行われています。2004年から、3年に一度開催されており、今回が4回目となります。

8月16日(金曜日)

午前9時、大型バス3台に分乗して青年文化センターを出発。東北自動車道・磐越自動車道経由で、午後2時に会場の新潟市民芸術文化会館「りゅーとぴあ」に到着し、練習会場のスタジオAに向かいました。

りゅーとぴあへの到着時

全ての団が揃ったところで開会式が行われ、各団の代表が参加にあたっての抱負を述べました。仙台ジュニアオーケストラ団員有志は、東日本大震災の際に各団からいただいた支援へのお礼の気持ちを込めて“花は咲く”を演奏しました。

開会式の様子(1枚目)開会式の様子(2枚目)

開会式のあとは、各団からの選抜メンバーで構成する「フェスティバル・オーケストラ」の練習。仙台ジュニアオーケストラからは各パートよりのべ42名が参加しました。

フェスティバル・オーケストラの練習風景

8月17日(土曜日)

外が30度を超える夏真っ盛りでしたが、冷房がほどよく効いている会場で、今回演奏するヴェルディ作曲の歌劇「ナブッコ」序曲、ファリャ作曲のバレエ音楽「三角帽子」第2組曲の練習に励みました。

練習風景(1枚目)練習風景(2枚目)

続いては、本番が行われるコンサートホールへ移動してリハーサルを行っているところ。このホールは音響の良さで定評があります。

リハーサル風景(1枚目)リハーサル風景(2枚目)

夜に行われた交流会の様子です。7団体混合で、7~8人ごとにテーブルを囲んで語らいました。団員たちの企画によるゲームでは、大いに盛り上がりました。

交流会の様子(1枚目)交流会の様子(2枚目)

団員が着ているおそろいの白いTシャツは、フェスティバルへ臨む一体感を高めようと、「父母の会」が作ったものです。
おそろいのTシャツ(前)おそろいのTシャツ(後ろ)

 

8月18日(日曜日)

いよいよ本番。楽器置場から楽器を出して、舞台袖で出番を待っている団員たち。

本番前の舞台裏(1枚目)本番前の舞台裏

ジュニアオーケストラフェスティバル2013inNIIGATA参加レポート[本番編]へ

お問い合わせ

公益財団法人仙台市市民文化事業団コンクール推進課
〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5 日立システムズホール仙台(青年文化センター)内
電話:022-727-1876 ファクス:022-727-1873

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6139

ファクス:022-213-3225