更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

2014スプリングコンサート開催レポート

2014年3月23日(日曜日)、日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)コンサートホールにおいて、仙台ジュニアオーケストラ2014スプリングコンサートを開催しました。

ロビーコンサート

開演に先立って、恒例となりました団員有志によるロビーコンサートを行いました。

1組目はチェロアンサンブル。
曲は、主よ人の望みの喜びよ(J.S.バッハ作曲)
<チェロ>足立 彬、石橋 茉耶、木村 泰大、田島 典之助、千葉 優香、中村 隆人、日比野 慎、
横山 咲希、魚本 淳平、山本 瑞果、木下 蒼平



2組目は木管五重奏。
曲は、木管五重奏曲第1番 ニ長調作品124より第3楽章(ジュリオ・ブリッチャルディ作曲)
<フルート>菊地 蘭、<オーボエ>佐藤 結花、<クラリネット>加藤 那奈、
<ファゴット>櫻田 葵香、<ホルン>千葉 大輝



3組目はトロンボーン四重奏。
曲は、オラトリオ「天地創造」より“大いなる偉業が成し遂げられた”(ハイドン作曲)
<トロンボーン>亀谷 啓太、山川 莉穂、瀬戸 みずほ、成田 未和



4曲目は弦楽四重奏。
曲は、弦楽四重奏曲第12番 ヘ長調作品96「アメリカ」より第1楽章(ドヴォルザーク作曲)
<ヴァイオリン>三上 尭、千葉 拓斗、<ヴィオラ>菅原 理仁、<チェロ>中村 隆人


2014スプリングコンサート本番

いよいよ開演!!
指揮は、今回の2014スプリングコンサートがラストステージになる音楽監督の関谷弘志先生です。
1曲目は、芥川也寸志作曲、交響管弦楽のための音楽を演奏。
戦後の日本音楽界をリードし、宮城フィルハーモニー管弦楽団の音楽総監督(1983~1989)を務められた芥川也寸志の曲に挑戦。とても明快な旋律で、歯切れのよい演奏を聴かせてくれました。


 

2曲目は、5年振りになる卒団生との共演で、曲はE.セジョルネ作曲、マリンバと弦楽のための協奏曲。ソリストは久保杏さん(2008年度ジュニアオーケストラ卒団生で、現在東京音楽大学打楽器科在学中)です。
今回は、マリンバのコンチェルトという、珍しい曲目に挑戦しました。久保さんが奏でるマリンバソロは迫力があり、団員も先輩との共演という刺激を受け、両者の呼吸の合った演奏を聴かせてくれました。


 

休憩後の後半はL.バーンスタイン作曲、キャンディード序曲を演奏。この曲は、題名のない音楽会のオープニングテーマ曲で、子供たち一人一人が、楽しんで演奏をしてくれました。

 

最後は、L.ドリーブ作曲、バレエ組曲「コッペリア」より前奏曲とマズルカ、間奏曲とスワニルダのワルツ、チャールダーシュを演奏。
関谷先生が、仙台ジュニアオーケストラの音楽監督に就任してから取りあげられてきたバレエ音楽の集大成で、団員も練習の成果を十分発揮し、素晴らしい演奏を見せてくれました。

 
 

カーテンコールに応えてハチャトゥリアン作曲、バレエ音楽「ガイーヌ」よりレスギンガを演奏。

 

演奏終了後の記念撮影


 

このスプリングコンサートをもって、高校2年生31名が卒団、5月には新しいメンバーを迎えて、平成26年度の活動が本格始動します。
平成26年度は、「第24回定期演奏会」、「2015スプリングコンサート」などの活動を予定しています。
これらの活動の様子は、このホームページで紹介していきますので、皆様には引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします。

2014スプリングコンサートのおまけ画像はこちら

お問い合わせ

公益財団法人仙台市市民文化事業団コンクール推進課
〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5 日立システムズホール仙台(青年文化センター)内
電話:022-727-1876 ファクス:022-727-1873

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6139

ファクス:022-213-3225