更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

第24回定期演奏会開催レポート

2014年10月19日(日曜日)、日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)コンサートホールにおいて、仙台ジュニアオーケストラ第24回定期演奏会を開催しました。

開演に先立って、恒例となりました団員有志によるロビーコンサートを行いました。

1組目は、トロンボーン六重奏
曲は岡野貞一作曲:もみじ、Alan Menken作曲:A Whole New World
<トロンボーン>瀬戸 みずほ、畠山 奏美、大友 崇敬、成田 未和、菅原 萌、佐々木 健心

 

2組目は、ヴィオラ四重奏
曲はK.A.Lopez&R.Lopez作曲:Let it Go
<ヴィオラ>工藤 梨央、今田 理香子、武澤 智哉、須田 聖(卒団生)

 

3組目は、ヴァイオリン四重奏
曲はColdplay作曲:Viva la Vida
<ヴァイオリン>星 睦、日比野 愛、角田 瑞季、庄司 歩夢

 

いよいよ開演!!

指揮は今回の第24回定期演奏会が初の本番となる音楽監督の小森康弘先生です。
1曲目は、ベルリオーズ作曲の序曲「ローマの謝肉祭」作品9を演奏。
各楽器の機能が存分に発揮される曲で、華麗かつダイナミックに演奏してくれました。

 
 

2曲目は、生誕100年を迎える伊福部昭作曲の交響譚詩を演奏。

力強くリズミックな第1譚詩、静かな中にも表情豊かな広がりのある第2譚詩からなる曲を、最後まで集中力を切らさずに演奏してくれました。

 
 

休憩後の後半は、チャイコフスキー作曲のバレエ音楽「白鳥の湖」作品20より、第2幕情景、ワルツ、4羽の白鳥たちの踊り、チャールダッシュ、スペインの踊り、ナポリの踊り、マズルカ、フィナーレを演奏。
なじみのある曲を抜粋した構成でしたが、各パートの特徴が発揮された演奏を聴かせてくれました。演奏終了後はホールを埋め尽くした満員の聴衆の皆様から、温かい拍手をいただきました。

  

小森康弘音楽監督指揮のもと、99名の団員たちは息のあったハーモニーを聴かせてくれました。

 

今回の演奏会にご来場されたお客様から、仙台ジュニアオーケストラへたくさんのお褒めの言葉、エールをいただきました。いくつかをご紹介します。

  • 全員素晴しかったです。白鳥の湖のフィナーレでは涙があふれてきました。とても良い演奏をありがとうございました。これからも頑張ってください。
  • 年令を感じさせない落ちついた素敵な演奏でした。次回もまた楽しみにしています。
  • 力強い演奏と指揮で感動しました。日頃のいやな事が忘れられる気持ちの良い時間を過ごせました。
  • ローマの謝肉祭:イングリッシュホルンの音色がとても素敵でした。交響譚詩:金管の音色がとても良かったです。また、第2楽章のオーボエの音色も物さびしげで良かったです。白鳥の湖:オーボエ、クラリネット、ファゴットの旋律がすばらしかったです。

この他にも、たくさんの心温まるメッセージをいただきました。



(演奏会が無事終了し、みんなで記念撮影)

多くの皆様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

これからも、仙台ジュニアオーケストラへのご支援をよろしくお願いいたします。

次回の演奏会は、「2015スプリングコンサート」(2015年3月22日(日曜日)開催)です。
ぜひご期待ください!

第24回定期演奏会のオマケ画像はこちらから

2015スプリングコンサートの案内はこちらから

お問い合わせ

公益財団法人仙台市市民文化事業団コンクール推進課
〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5 日立システムズホール仙台(青年文化センター)内
電話:022-727-1876 ファクス:022-727-1873

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6139

ファクス:022-213-3225