更新日:2017年1月20日

ここから本文です。

2016スプリングコンサートおまけ画像

リハーサル風景

本番直前の緊張感が漂う中、いよいよ最後のリハーサルが開始されました。

2016スプリングコンサート_リハーサル風景

音楽監督や講師の先生による本番直前の指導風景です。
先生の表情にも緊張感が漂っています。

2016スプリングコンサート_本番直前の指導風景(1枚目)2016スプリングコンサート_本番直前の指導風景(2枚目)

休憩時のひとコマ。仲間と記念撮影♪

2016スプリングコンサート_休憩時(1枚名)2016スプリングコンサート_休憩時(2枚目)

 

卒団式

コンサート終了後、舞台上において卒団式が開催されました。今年は、高校2年生16名が卒団しました。

卒団式(1枚目)卒団式(2枚目)

団長である奥山恵美子市長からは、「卒団生の皆さん、学校ではありませんが、高校2年をおえて、ジュニアオーケストラの卒業の時期になりました。震災後の5年間の長い期間、ジュニアオーケストラで活動していただいたことに継続の努力を評価したい。震災という大変な時期の中でしたが、世界中から色々なご支援があって、ウィーン・フィルのメンバーのワークショップを受けたり、他のジュニアオーケストラの方々では経験できないことを経験できたと思う。これから音楽の道に専門に進む方もいるし、仕事をしながら音楽を生涯の楽しみにして続けていく方もいると思う。これから皆さんの長い人生の中で、いつもと同じように音楽が常に皆さんのそばにあって、励ましてくれることを期待しています。これからも元気で頑張ってください。」とお言葉をいただきました。

打ち上げパーティー

小森先生からは、「いつもの演奏会と時間のスケジュールが違って、色々苦労した部分もあると思いますが、今回、ラフマニノフという大曲に挑戦したが、僕が思っていたよりもすごく皆さんにとって大変な曲だと思った。本当に皆さん最後まで、くっついてきて、僕の指示をたくさん聞いてくれて、最後までよくしようという思いが伝わってきて、皆さんに感謝しています。今回で高校2年生と一緒に卒業するのですが、2年間という長いような短いような期間だったが、皆さんと一緒に曲を作ることを勉強させてもらった。皆さんから教えられることもたくさんあって、得ることもたくさんありました。来年から新しいジュニアオーケストラの色が出てくると思いますが、音楽を続けて欲しい。音楽を続けていれば、またいつかどこかで会えるし、音楽というのは、人と人を結びつけるなあと年々感じていて、本当に人生を豊かにしてくれるものだと思います。」とお言葉をいただきました。

打ち上げパーティ

会が終わったあとも、卒団生や多くの団員が、お世話になった講師の先生や、1年間共に過ごしてきた仲間たちと一緒に、会場のあちこちで記念撮影をしていました。

打ち上げパーティ終了後(1枚目)打ち上げパーティ終了後(2枚目)

打ち上げパーティ終了後(3枚目)打ち上げパーティ終了後(4枚目)

打ち上げパーティ終了後(5枚目)打ち上げパーティ終了後(6枚目)

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6139

ファクス:022-213-3225