現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化振興 > お知らせ > 2015年度(平成27年度)の記事一覧 > 劇都仙台(舞台芸術) > 「TAP INTO THE LIGHT-東北から世界へタップとアートを発信し繋げていくメッセージ」を開催します

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

「TAP INTO THE LIGHT-東北から世界へタップとアートを発信し繋げていくメッセージ」を開催します

日立システムズホール仙台(公益財団法人仙台市市民文化事業団)は、平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業として「TAP INTO THE LIGHT-東北から世界へタップとアートを発信し繋げていくメッセージ」を開催します。

「TAP INTO THE LIGHT」は、仙台市出身で世界的に活躍するタップダンサー・熊谷和徳氏が、自身の原点である東北で実施したいと温めていた企画を当事業団との協働により実施するもので、来年度に実施する「タップダンス・フェスティバル」のプレ企画となります。

熊谷氏の東北に対する熱い想いとタップダンスやアートの魅力が詰まった3日間をぜひお楽しみください。

プログラムについて

「熊谷和徳×仙台フィルハーモニー管弦楽団(弦楽メンバー特別編成:コンサートマスター神谷未穂)

タップダンスとオーケストラが融合した一夜限りのステージを熊谷氏と仙台フィルハーモニー管弦楽団(特別編成メンバー)との共演でお届けします。

11月23日(月曜日、祝日)

  • 1stステージ13時30分開演(13時00分開場)
  • 2ndステージ17時30分開演(17時00分開場)

パネルディスカッションほか

熊谷氏ほか国内外で活躍するタップダンサーが複数参加するパネルディスカッションやワークショップなどを実施します。

  • オープニングパーティー 「HAPPY TAP DAY」
    11月21日(土曜日)18時30分から
  • パネルディスカッション 「タップで見る夢~そして東北のいま」
    11月22日(日曜日)19時00分から
  • 各種ワークショップ開催
    11月21日(土曜日)から23日(月曜日、祝日)

詳細は仙台市市民文化事業団ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください

会場

日立システムズホール仙台 交流ホール

公演入場料

全席自由 一般4,000円、高校生以下2,500円
※未就学児入場不可

主催

日立システムズホール仙台(公益財団法人仙台市市民文化事業団)、仙台市

申し込み

公益財団法人市民文化事業団 総務課企画調整係
〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5
電話:022-727-1875
ファクス:022-276-2108
メール:sbj@bunka.city.sendai.jp

熊谷 和徳(くまがい かずのり)

1977年仙台市生まれ。タップダンサー。15歳でタップをはじめ19歳で渡米。ニューヨーク大学に通いながら、ブロードウェイのショウ「NOISE/FUNK」の養成学校でプロフェッショナルなトレーニングを受ける。2014年5月にはニューヨークで毎年開催される「NATIONAL TAP DANCE DAY」において、2014Flo-Bert Life Achievement(生涯の功績を称える)賞を受賞し、9月に再びBunkamuraオーチャードホールにてソロ公演を行い大成功を収めた。

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6139

ファクス:022-213-3225