現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化振興 > お知らせ > 2015年度(平成27年度)の記事一覧 > 劇都仙台(舞台芸術) > 小池博史ブリッジプロジェクト「注文の多い料理店」公演関連企画「小池博史 創作体験ワークショップ」を開催します

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

小池博史ブリッジプロジェクト「注文の多い料理店」公演関連企画「小池博史 創作体験ワークショップ」を開催します

「小池博史 創作体験ワークショップ」を日立システムズホール仙台で開催します。

このワークショップは来年2月6日(土曜日)から7日(日曜日)に仙台で開催される『小池博史ブリッジプロジェクト公演「注文の多い料理店」』に先駆けて実施するものであり、国内外で活躍する舞台芸術家である小池博史と『注文の多い料理店』をモチーフとした作品創作のワークショップを行うものです。

演劇、ダンスの経験のある方もない方もお気軽にご参加いただき、小池博史のつくる『注文の多い料理店』の世界観を、ぜひ体験してください。

小池博史 創作体験ワークショップ

  • 日時:平成27年12月18日(金曜日)から23日(水曜日・祝日)
  • 会場:日立システムズホール仙台 練習室4
  • 定員:20名(先着申込順)
  • 内容:スロームーブメントという手法を使い、参加者の個性や特徴を見いだし、引き出していきます。
    さらに『旅』という要素を加えて発展させ、最終的には講師がアレンジを加え、成果発表を行います。(申込者以外でも見学可能)
    ※スロームーブメントとは、あらゆる動きを日常の100分の一以下のスピードへと転換し、ゆっくりとした動きの中でコミュニケーションを取ることで、自身の「からだ」への気づきを深くしていきます。
  • 参加費:3,000円

小池博史ブリッジプロジェクト公演「注文の多い料理店」

  • 日時:平成28年2月6日(土曜日)19時00分開演/平成28年2月7日(日曜日)14時00分開演
  • 会場:日立システムズホール仙台 交流ホール
  • 作・演出・振付:小池博史
  • 出演:小谷野哲朗、大塚陽、荒木亜矢子
  • 演奏:中村明一(尺八)、中川俊郎(ピアノ)、下町兄弟(パーカション)
  • 音楽:中川俊郎、藤井健介
  • 主催:日立システムズホール仙台(公益財団法人仙台市市民文化事業団)、仙台市

申し込み・お問い合わせ

公益財団法人市民文化事業団 総務課企画調整係
仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5
【電話】022-727-1875
【ファクス】022-276-2108
【メール】sbj@bunka.city.sendai.jp

小池 博史(こいけ ひろし)

茨城県日立市出身。一橋大学卒業。TVディレクターを経て1982年パフォーミングアーツグループ『パパ・タラフマラ』を設立。
以降、全55作品の作・演出・振付を手掛ける。パパ・タラフマラ以外での演出作品も多数。演劇・舞踊・美術等のジャンルを超えた、強くオリジナリティ溢れる作品群は、35ヶ国で上演され、国際的に高い評価を確立。各国アーティストとの作品製作やプロデュース作品の製作、世界各地からの演出依頼公演、プロ対象・市民対象のワークショップを数多く実施。97年から04年つくば舞台芸術監督、アジア舞台芸術家フォーラム委員長、国際交流基金特定寄附金審議委員(05年から11年)等さまざまな審議員、審査員等を歴任。2012年5月パパ・タラフマラ解散後、同年6月「小池博史ブリッジプロジェクト」を設立。

申し込み方法など詳細はこちらをご覧ください

仙台市市民文化事業団ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6139

ファクス:022-213-3225