現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 農業・地産地消 > 農産物・地産地消 > 中央卸売市場 > 平成29年 国産さくらんぼのせりを始めます

更新日:2017年6月8日

ここから本文です。

平成29年 国産さくらんぼのせりを始めます

 

国産さくらんぼの収穫時期を迎え、入荷量が増加することから、せりによる販売を開始します。

これまでは、ハウス栽培されたものを中心に、相対(あいたい)取引で売買していましたが、山形県産の露地ものを中心とした入荷が本格化することから、安定した入荷が続く7月上旬頃まで、せりによる売買を行います。

なお、せりは卸売業者2社の売り場(2カ所)で行います。

1.日時

6月12日(月曜日)午前6時から

2.場所

中央卸売市場青果部卸売場(果実売場)

(若林区卸町四丁目3-1)

3.卸売業者

  • (1)仙台中央青果卸売株式会社(電話:022-232-8511)
  • (2)株式会社宮果(電話:022-232-8410)

4.その他

統計情報などは中央卸売市場のHPをご覧ください

http://www.city.sendai.jp/chuo-kanri/kurashi/shizen/nogyo/nosanbutsu/oroshiuri/

[参考]

昨年の初せり日の実績(平成28年6月6日)

品名

入荷量(kg)

平均単価(円)

佐藤錦

708

2,746

その他(国内産)

1,111

1,126

合計

1,819

1,756

※平均単価は1kgあたり

さくらんぼの写真さくらんぼのせりの写真

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144