更新日:2017年8月10日

ここから本文です。

新鮮!金曜日-市場中継-「旬到来!福島の桃」

平成29年8月4日金曜日放送分

福島のももの紹介

今日は今が旬の桃をご紹介します。東北ではこれから出荷の最盛期を迎え、贈り物としても人気です。

まず、生産が盛んな地域として、1位は山梨県、2位は福島県、3位が長野県となっています。特に福島の桃は、ちょうどこれから出回り初めて、東北各地で目にする機会が増えます。

本日ご紹介する品種は「あかつき」と言いまして、今週初入荷しました。来週以降さらに入荷量が増えてくる、福島の主力品種です。

「あかつき」の特徴について

「あかつき」は、白桃と白鳳を交配して育成した品種です。果肉はち密で果汁が多く、酸味が少なく非常に甘みの強いのが特徴です。 

桃は大別して「白鳳系」と「白桃系」とがあります。一般的に「白鳳系」は多汁で甘味が強く肉質が柔らかめであるのに対し、「白桃系」は肉質がやや硬めで日持ちが良いという傾向があります。「あかつき」は双方の特性を兼ね備えた優良品種です。

あかつきの写真

桃の目利きの仕方

形は縦、横のつりあいがよく、シッカリと重みがあるもの、また、うぶ毛がしっかりついているのもポイントです。基本的には桃は保存する果物として適していません。熟しているものを買ったら、早めに食べてしまうのがお勧めです。

まだ少し固いという時は、湿気を帯びないように新聞紙などに包み、常温で3日から6日くらい、風通しの良い場所に置いてください。

買う時のお願いですが、桃はとってもデリケートなので、押して確かめることはしないでください。すぐに黒くなってしまいます。ぜひ注意していただけたらと思います。

おすすめの桃の切り方

さらに、美味しくいただく極意として、桃の切り方もご紹介します。

  1. 桃の割れ目に沿ってグルッと一周、種に当たるようにナイフを入れる。
  2. 割れ目を真ん中にして、桃を両手で包むようにひねる。
  3. 二つに割れたらスプーンなどで種をくりぬいてください。
  4. 外皮は枝の付いてた方からナイフをかけ引く様に剥くと取れます。

この切り方ですと、種や皮に実が残ってしまうこともなく、存分に桃を堪能できます。

切った桃の写真

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144