現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 農業・地産地消 > 農産物・地産地消 > 中央卸売市場 > 今までの放送内容を紹介します > 新鮮!金曜日-市場中継-「ガラスで涼やか!夏のアレンジメント」

更新日:2017年8月7日

ここから本文です。

新鮮!金曜日-市場中継-「ガラスで涼やか!夏のアレンジメント」

平成29年7月28日金曜日放送分

夏のアレンジメント紹介

今日は、月に一度の花のコーナーということで、夏のアレンジメント教室です。

仙台市中央卸売市場での花の入荷状況は、7月の末にしては少し少なくなっておりますが、8月のお盆近くになると、多くの入荷が見込まれます。

では早速、夏にぴったりの涼しさを感じるガラスを使ったアレンジメントをご紹介します。

花浮かべアレンジメント

まずは、平らなお皿を使った「花浮かべアレンジメント」です。

花浮かべアレンジメントの写真

お皿に水を張って、短く切った花を入れるだけのとても簡単なアレンジメントです。

使っているのはスプレーバラと、スプレーマムという小ぶりの菊で、茎は5ミリくらい残す程度です。ぎりぎりすぎると花がばらばらになるので気をつけてください。

とても簡単ですし、こどもと一緒にも楽しめます。

花が軽くて上向きに咲いているものが、水に浮かべやすく、小石やビー玉、風船などの小物を合わせるのもおすすめです。

水草アレンジメント

次は、ガラスの特徴を生かして器の中も楽しむ「水草アレンジメント」です。

水草アレンジメントの写真

使っているのは、池や水槽などに入れる水草のホテイアオイです。葉が布袋様のおなかのようにぷっくりと見えることからこの名前がついたと言われています。

園芸店や金魚などを売っているペットショップ、花屋さんでも売られていて、100円から200円くらいと手ごろ。ひとつ入れるだけでユニークなアレンジメントになります。

水の中でゆらゆらする様子が涼しげで、ガラスの特徴をいかしたアレンジメントです。

投げ入れ簡単アレンジメント

続いて、ガラスの花瓶を使った「投げ入れ簡単アレンジメント」です。

投げ入れ簡単アレンジメントの写真

投げ入れというのは、華道などでも使われる言葉で、剣山や吸水性スポンジを使わずに花を生ける方法のことです。

初心者でも簡単にできますが、花瓶の選び方がポイントになります。

口が広い花瓶にすると、アレンジメントがばらばらになってまとまらなくなってしまいます。

初心者でも簡単に投げ入れをするためには、口が狭くなっているものがおすすめです。

また、投げ入れの場合は、先が重くないものの方が垂れにくいため扱いやすいです。今日使っているアンスリウムは花が軽いのでおすすめです。またこの時期はどんな花も暑さですぐだめになりますが、アンスリウムはとにかく持ちがいいので夏にぴったりの花です。

盆栽風アレンジメント

最後は盆栽の世界をフラワーアレンジメントで作った「盆栽風アレンジメント」です。

盆栽風アレンジメントの写真

緑色の葉などを吸水性スポンジに短く差してこけのような雰囲気を出し、そこに長い枝を一本挿してあります。

今回使ったのはドーダンツツジという枝もので、これは5月ころから出回り秋には紅葉しますが、夏の時期が一番グリーンの色が鮮やかになっておすすめです。

盆栽というと少し重いイメージがあるが、ガラスと組み合わせると涼しげになります。

夏の浴衣や花火など和の雰囲気にもぴったりです。

お手入れで気をつけるポイント

この時期は日ざしが強くてエアコンを使っていることが多いですが、直射日光は避けて、さらに直接風があたらない場所に置くようにすると花持ちがよくなります。

また、今回は水の涼やかさも一緒に楽しみたいので、花器の中の水をいつもきれいにしておくことが大切です。2日か3日に一回は取り替えるようにして、涼やかなアレンジメントを長く楽しんでください。

出演者の集合写真

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市宮城野区苦竹4-1-20

電話番号:022-232-8123

ファクス:022-232-8129