現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 中央卸売市場 > これまでの旬の話題を紹介します > ハナキン・市場の花-「初心者におすすめ!花の苗」

更新日:2018年5月1日

ここから本文です。

ハナキン・市場の花-「初心者におすすめ!花の苗」

平成30年4月20日金曜日放送分

花の苗紹介の集合写真

今日は初心者におすすめ!花の苗の使い方をご紹介します。

これからの季節、暖かくなってきてガーデニングを始める方も多いのではないでしょうか。

東北ではこれから苗を植え始める時期ですので、これを機にガーデニング初心者の方にもぜひ挑戦していただきたいと思います。

今日はさらに、庭がなくても楽しめる花の苗の使い方もご紹介しますよ。

おすすめ花の苗ベスト5

仙台市中央卸売市場花き部のお花のプロである川部さんが選ぶおすすめ花の苗ベスト5をご紹介します。

第5位 バーベナ

バーベナの写真

第4位 ペチュニア

ペチュニアの写真

どちらも品種が多く、赤、紫、ピンク、白など色も豊富なので選べる楽しさが人気です。

第3位 シバザクラ

シバザクラの写真

シバザクラは多年草なので、一度植えると毎年咲きます。

地を這うように広がる「ほふく性」がありますので、日当たりのよい場所なら絨毯のような景色が楽しめ、一面に広がった様は見事で、シバザクラの公園や名所が出来るほどです。

第2位 マリーゴールド

マリーゴールドの写真

オレンジや黄色のぼんぼりでおなじみの花です。

丈夫で花の時期が大変長く、日照が十分であれば花を咲かせてくれます。

ハーブの仲間ですので、害虫を寄せ付けない効果があると言われております。

第1位 ベゴニア・センパフローレンス

ベゴニアの写真

春から秋まで長期間楽しめ、そしてなんといっても丈夫で育てやすいのが特徴です。

風や雨にも強いので花壇はもちろん、ハンギングバスケットなどにも向いており、また直射日光にも耐えるので、コンクリートの照り返しの強いマンションのベランダなどでも楽しめます。

 

2位のマリーゴールドと1位のベゴニア・センパフローレンスは1年草なので、花が咲くまで比較的早く、特におすすめです。

お店で買う時のポイントは、全体的に元気でハリのあるもの。虫がついていない、蕾が多いものを選ぶとたくさんの花を咲かせてくれます。

上手な花の苗の植え方

まず、苗を買ってくるとポットがついてきます。これを外すときは、根元を掴んで逆さまにしてポットを引っ張ります。苗を引っ張ると傷んでしまうので、注意してください。

また、植える前に一つしてほしいことは、新しい土に馴染みやすくするために根をほぐすことです。この時、気を付けることは土を全部取り除かないことと、根を傷つけないようにすることです。

花壇に植える際は、穴を掘ってそこに一つずつ植えて土をかけ、それから水をたっぷりかけてください。

次にプランターへの植え方をご紹介します。

プランター断面図1.

一番下には、プランターの5分の1くらいに鉢底石を敷いて、水はけを良くします。

次に培養土として、園芸用の土を入れてください。肥料が入っているものと、入っていないものがありますが、初心者の方は肥料入りのものがおすすめです。

また、水があふれるのを防ぐウォータースポットを作るために、プランターの上を1から2センチ空けておいてください。

プランター断面図2.

ポットが入る位の深さの穴を手で空け、この穴に根をほぐした苗を植えて、土をかけます。

プランター断面図3.

その後、水をたっぷりかけてあげてください。

毎日の水やりのタイミングは午前中がおすすめです。

水やりは土の中の空気を入れ替える効果もありますので、たっぷりあげることが大切です。

かごを使ったアレンジメント

最後に、マンションなどに住んでいて庭がないけれど、花を楽しみたい!という方に、かごを使ったアレンジメントをご紹介します。

かごを使ったアレンジメントの写真

かごとセロハン紙、好きな苗をご用意ください。

まず、かごにセロハン紙を敷き、それからかごにポットのまま苗を入れてみてください。

これだけで完成です。

同じ品種の中でも色違いのものを使うとまとまりが出やすいのでおすすめです。

このように庭がなくても、簡単に楽しむことが出来ますので、ぜひやってみてください。

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市宮城野区苦竹4-1-20

電話番号:022-232-8123

ファクス:022-232-8129