更新日:2018年10月20日

ここから本文です。

もりすた!キッチン-「旬の食材 かき」

平成30年10月15日月曜日放送分

旬の食材 かき

とうとうこの季節がやってきました!

本日ご紹介する旬の食材は、かきです。

 

特徴

かきは、秋から冬にかけて旬を迎え、身が大きく味が濃厚でとても食べごたえがあります。

産地では9月末ごろに卵が抜けているか検査をし、その後かきの生育状態をみて順次出荷が始まります。

東北の産地

全国の漁獲量では、広島が6割を占めるダントツの1位ですが、東北からは2位に宮城、5位に岩手がランクインしています。

三陸の入り組んだリアス式海岸は、良質なエサと、暖流と寒流のぶつかり合う潮目ということで、美味しいかきが育つのに適している環境なのです。

豊富な栄養

かきは別名「海のミルク」と呼ばれるほど、栄養豊富な食材です。

タンパク質やグリコーゲン、カルシウムをはじめ、たくさんの栄養がバランスよく含まれています。

  • タウリン

血中コレステロールが上がるのを抑えたり、脂質を分解したり、血圧を正常に保つ働きをして生活習慣病の予防にも役立ちます。

  • 鉄分

エネルギーを生み出すのに必要不可欠な成分で、体がだるいと感じるときは鉄分が不足しているかもしれません。女性の場合、貧血の改善にも役立ちます。

 

お勧めの食べ方

ビタミン類、タウリンは熱に弱いので効率よく摂取するためには、生食がおすすめです。

加熱するときも、煮汁を一緒にとれるスープや、酒蒸しもいいですね。

 

おいしいかきの見分け方

むきがき

むきがき

透明感のあり乳白色で光沢のあるものを選ぶといいでしょう。

殻付きかき

殻付きかき

殻にふくらみがあって全体的に形が整っているもの、重量感があるものが比較的身が入っています。

 

今が旬の大きくて濃厚なかき、ぜひ食べてみてください。

 

旬のお魚情報!

この時期おすすめの水産物をいくつかご紹介します。

ハタハタ(秋田)

ハタハタ

秋田でこの時期たくさんとれる美味しい魚です。

産卵のため沿岸に寄ってきて、11月から12月に漁のピークを迎えます。

白身ですが甘みもあるので鍋にしても、塩焼きにしても美味しいです。

メスの場合、ブリコとも呼ばれる卵のプチプチした食感が楽しめます。

真白子(青森)

真白子

真白子はマダラの精巣(シラコ)で、タチやタラキクとも呼ばれ、冬に入荷が増えてきます。

白子ポン酢や、これからの季節は鍋物も美味しいです。また、天ぷらにしてもふわっとした濃厚な味わいが楽しめます。

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144