更新日:2019年2月21日

ここから本文です。

もりすた!キッチン-「旬の食材 寒たら」

平成31年1月28日月曜日放送分

寒タラ保存の様子

「寒」とは小寒から立春(1月~2月)までの季節のことを呼びます。

今回は、この時期にとれる寒の名前がついた魚をご紹介します。

 

寒たら

寒タラ切り身

まずおすすめは寒たらです。

日本の海で取れるたらの仲間では真だら、すけそうだら、こまいなどが代表的です。

たらはアラや肝、白子、そして真子など余すことなく食べることができ、東北各地にもそれらをつかった郷土料理がたくさんあります。

また栄養素では、白身魚の中でもビタミンA、ビタミンDが豊富です。

特にビタミンAは風邪の予防にも効果があり、この時期にとりたい栄養素の一つです。

 

魚の選び方

たらの切り身を選ぶときには次のようなポイントがあります。

1、身に弾力がある

2、透明感がある

3、ぬめり気のないもの

この3つに注意しましょう。

 

調理の前には

生のたらは水分が多く、鮮度が落ちやすい食材です。調理をする前には、

1、塩をふってしばらく置く

2、キッチンペーパーで水けをきる

この下準備で身崩れの防止、味つけを浸透しやすくすることができます。

 

旬のお魚情報!

他にもこの時期おいしいお魚をご紹介します。

 

寒ぶり

寒ブリ保存の様子

この季節には脂が乗って体も非常に大きくなり、中には10kg近いものも。

ぶり大根は体が温まりおすすめです。

 

寒ざわら

寒サワラ保存の様子

淡白な白身が特徴です。

魚へんに春で鰆(さわら)と呼びますが、関東では真冬が旬。

西京焼き、塩焼などがおすすめです。

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144