現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 中央卸売市場 > これまでの旬の話題を紹介します > もりすた!キッチン-「旬到来!山形のさくらんぼ」

更新日:2018年6月9日

ここから本文です。

もりすた!キッチン-「旬到来!山形のさくらんぼ」

平成30年6月4日月曜日放送分

旬到来!山形のさくらんぼ

今回ご紹介する旬の食材はさくらんぼです。

今年のさくらんぼは、天候に恵まれて順調に生育が進んでいるため、平年並みの収穫が見込まれています。

 

生産量日本一!山形県

さくらんぼと言えば、山形。

山形県は生産量日本一で、全国の7割を占めます。その中でも、特に寒河江市、天童市、東根市で生産が盛んです。このあたりは山形盆地と呼ばれていて、昼夜の寒暖差が大きく、梅雨の時期に降水量が少ないという特徴があります。

  • 大きな寒暖差

寒暖差が大きいと、さくらんぼが甘くなります。

  • 梅雨時期に少ない降水量

さくらんぼは雨に当たると実が割れて収穫できなくなってしまいます。

収穫時期のピークがちょうど梅雨の時期とかぶるので、雨が少ないことは大きなメリットです。

今年は天候に恵まれたので、今のところ順調に収穫されています。

今回は、おすすめを3種類用意しました。

出回る時期が早い順に紹介します。

 

紅さやか

紅さやか

皮が赤紫で色が濃く、果肉の色も真っ赤です。

アメリカンチェリーのような色ですが、果肉はそれほど硬くありません。

酸味が少し強めなので、すっきりした味わいが好きなかたにおすすめの品種です。

すでに露地物が出回っていて、6月20日ごろがピークです。

 

佐藤錦

佐藤錦

生産量、知名度ともにダントツトップ。

甘みと酸味のバランスがよく、果汁も多めで、まさにさくらんぼの王様と言えます。

ハウスものはすでに出回っていますが、露地物はまさに6月上旬から。

こちらも6月20日ごろがピークです。

 

紅秀峰

紅秀峰

粒が大きく皮の色は少し濃いめです。

実が佐藤錦より硬めですが、果汁が多く、酸味が少ないのが特徴です。

とにかく甘いのが好き、と言うかたに好まれていて、実も大きいので贈り物にも選ばれます。

出回るピークは一番遅くて、6月下旬になります。

 

保存の仕方

鮮度が命なので、基本的には買ってすぐ食べることをおすすめします。

それができない場合は冷蔵庫の野菜室に入れてください。

さくらんぼは低温に弱いので、温度が比較的高く設定してある野菜室がおすすめです。

乾燥をふせぐために、ポリ袋に入れてください。

それでも保存は2~3日が限度です。

 

これから徐々に出回る量が増えてくるので、6月中旬あたりから値段も徐々に下がり始めてくると思います。20日ごろが狙い目です!

東北の初夏の味を、ぜひ楽しんでください!

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144