現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 中央卸売市場 > これまでの旬の話題を紹介します > ハナキン・市場の花-「アレンジにも!スプレーギク」

更新日:2018年6月9日

ここから本文です。

ハナキン・市場の花-「アレンジにも!スプレーギク」

平成30年6月1日金曜日放送分

スプレーギクの紹介の写真

今日はアレンジにも最適なスプレーギクをご紹介します。

暖かくなってきて、公園や家の庭先で花がたくさん見られる時期になりましたが、この時期、花の入荷する産地は南から北へ移り変わり、これから東北の花が出回り始めます。

キクといえば仏花というイメージを持つ人も多いと思いますが、スプレーギクは外国で観賞用に改良された花で、宮城県北部で栽培が盛んです。

スプレーギクの種類について

彩り豊かなスプレーギクですが、主となる茎からわき芽があり、スプレーをシュッと噴射させたように広がって咲いているのが特徴です。

スプレーギクには咲き方がいくつかありますので、それぞれご紹介したいと思います。

シングル咲き

シングル咲きの写真

一重に花びらが咲いており、お供えに使われることが多いため、目にする機会が多い咲き方です。

風車咲き

風車咲きの写真

花びらが長く、先がストローのように広がっている咲き方です。

もっと広がってくると、風車のように見えることから、そう呼ばれています。

ポンポン咲き

ポンポン咲きの写真

咲くと花が丸く、密度が濃いのが特徴です。

フラワーアレンジメントに向いており、グリーンが人気があります。

デコラ咲き

デコラ咲きの写真

花びらが隙間なく詰まっており、広がって咲いていくのが特徴です。

花びらが多いので、じっくり咲いて長持ちします。

アネモネ咲き

アネモネ咲きの写真

咲くにつれて中心部が盛り上がってきます。

見た目がアネモネに似ており、こちらも長く楽しめる花です。

 

品種改良が進んだことで、このように色や花の形が豊富になってきましたし、日持ちも良く、1年中安定して出荷されることからも人気があります。

スプレーギクの栽培方法

キクというと秋の花ですが、今では菊の性質に合わせた栽培方法を使うことによって、一年中栽培されています。

まず、苗を植えると、そこから1ヶ月で15センチくらいに成長します。

苗を植えてからだいたい3から4ヶ月で出荷されますが、そこまで育てるには、キクに秋が来たと思わせる作業が必要です。

キクは日が短くなると花を咲かせようとする短日植物です。この性質を活かして、電気を点けたり、カーテンを閉めることで、日照時間と咲く時期を調整することができ、1年中安定して栽培されます。

スプレーギクのアレンジメント

次に、スプレーギクをより素敵に飾る方法をご紹介します。

花瓶でシンプルにアレンジメント

まずは花瓶でシンプルに飾ってみたいと思います。

小さな花瓶とスプレーギク、長い葉を使います。

花瓶でシンプルなアレンジメントの写真

好きな形のスプレーギクを選んで、花瓶の大きさに合わせて長さを調整します。今回の花瓶は小さいので、短めに輪ゴムでとめて花瓶に入れるだけですので簡単です。

これはスプレーギクしか使ってないので、スプレーギクが目立つように緑で引き立たせています。一色だけ違うスプレーギクを入れても良いと思います。

季節の花とともにアレンジメント

続いて同じ方法で季節の花を混ぜてやってみます。

先ほどより少し大きい花瓶とアジサイなどお好きな季節の花、スプレーギクを使います。

季節の花ともにアレンジメントの写真

アジサイが丸いので、スプレーギクも丸く咲くポンポン咲きのものと、ボリュームの出るデコラ咲きのものを入れてみました。同じ方法でも花材が違うと雰囲気も変わりますね。

バスケットで簡単アレンジメント

最後はバスケットを使ったアレンジです。

小さいバスケットに吸水性スポンジを入れて、花を挿していきます。

まず、出来上がりをイメージして形の軸になる花を挿して整え、今日はどこから見ても丸くなるように、軸の花の背丈を越さないように気を付けながらスプレーギクを挿します。

バスケットを使ったアレンジメントの写真

これはひまわりを使って色合いを合わせ、涼やかな初夏をイメージしてみました。

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市宮城野区苦竹4-1-20

電話番号:022-232-8123

ファクス:022-232-8129