更新日:2019年9月12日

ここから本文です。

もりすた!キッチン-「旬の食材 秋さけ」

令和元年8月22日木曜日放送分

水産物卸売場

お盆も過ぎ、夏の魚に加え、早くも秋らしい魚が入荷されてきています。

 

秋さけ(北海道産)

氷漬けの秋さけ

秋さけの正式名称は、白さけといいます。

秋になって、産卵のために自分がうまれた川に戻って来たところを漁獲されるため、秋味とも呼ばれます。

9月になると漁獲量が増えるため、手頃な価格で楽しむことができます。

おすすめの食べ方

さけの切り身

ホイル焼き・ソテー

旬の野菜やきのことよく合います。

バターやオリーブオイルを少し多めに使うと、ふっくらおいしく、ジューシーに仕上げることができます。

 

あなご(宮城産)

ざるあげされたあなご

宮城はあなご漁の北限とされ、水揚げ量が多く、魚体も大きくふっくらしていて、全国的に人気があります。

さばいたあなご

うなぎに比べて脂質が少ないため、煮あなごや天ぷらなどで食べるのがおすすめです。

 

すじこ(アラスカ産)

箱詰めされた筋子

すじこは紅鮭の卵で、ほとんどが塩すじことして加工されます。

現地で加工

塩漬けすじこは、生の状態からしか加工できません。

加工には熟練の技が必要なため、日本人の職人が、水揚げ国まで行って加工しています。

 

しらす(宮城産)

笹にのせたしらす

しらすは、春と秋の旬が2回あります。

秋のしらすは、脂がのってとても美味しくなっています。

北限のしらす

2017年から、名取市閖上で日本最北となるしらす漁の操業が始まりました。

今年は例年より早く、8月下旬からまとまった量が出荷されています。

釜揚げしらすだけでなく、生しらすとしても出荷されます。

生しらす

宮城近海なので、鮮度のいい生のしらすが県内で楽しめます。

生しらすの箸あげ

 

夏バテで食欲が落ちるときこそ、食べてもらいたい魚たちです。

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144