更新日:2019年6月28日

ここから本文です。

もりすた!キッチン-「旬の食材 いわし」

令和元年6月27日木曜日放送分

いわしの箱と水産物卸売場

梅雨空が続く今の時期、市場には旬を迎えた魚が多く入ってきております。

今回特におすすめするのは、いわしです。

 

いわし(千葉産)

氷詰めのいわし

見た目の特徴

  • 背が青緑色で、腹が金色のような白い色をしている
  • 背と腹の間に7つの点がある

入梅いわし

入梅いわし

梅雨の時期に獲れるいわしのことを入梅いわしといいます。

産卵前で、最も脂ののりがよく、1年の中で1番おいしくいただけます。

魚に弱いと書いて鰯というだけあって、鮮度が落ちるのが早いため、新鮮なうちに食べましょう。

 

おいしい食べ方

いわしの食べ方

やはり新鮮なうちに刺身で食べるのが1番おすすめです。

火を通してもしっとり焼き上がるので、塩焼き、蒲焼、揚げ物にしてもおいしいですよ。

包丁ではなく手開きで

いわしの手開き

イワシは包丁を使わず手開きで簡単に腹を開くことができます。

手開きは小骨が抜けるので、フライや天ぷらにするときおすすめです。

DHAが豊富!

いわしにはDHAが多く含まれていて、脳の発育機能を高める効果があるといわれています。

 

今が旬の入梅いわし。

1番おいしい時期ですので、ぜひ食べてみてください!

 

あなご(三陸沖産)

マアナゴ

三陸沖で水揚げされたあなごです。

このあなごはマアナゴといって、主に岩手、宮城、福島の三陸沖で水揚げされます。

6月から8月が旬で、脂がのってとてもおいしくなります。

おすすめの食べ方

あなごの箱詰め

焼くのが1番おすすめですが、天ぷらにして塩で食べるのもおいしいです。

焼あなごをきざんでご飯にトッピングして混ぜると、ちらし寿司としても楽しめます。

 

あじ(千葉産)

あじの氷詰め

日本沿岸に広く生息しているため、食卓にもなじみ深い魚です。

年間を通して獲れますが、旬は夏です。

この時期は脂がのってコクが増すため、おいしく食べられます。

おすすめの食べ方

あじの食べ方

やはり刺身が1番です。他にも、

  • 生姜や青じそと一緒に食べるたたき
  • 味噌と小ねぎを柔らかくなるまで包丁で叩いて作るなめろう

がおすすめです。

 

ムラサキウニ(宮城産)

 

ムラサキウニ

 

 

マボヤ(宮城産)

 

マボヤ

 

 

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144