現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 中央卸売市場 > これまでの旬の話題を紹介します > もりすた!キッチン-「旬の食材 戻りかつお」

更新日:2019年10月10日

ここから本文です。

もりすた!キッチン-「旬の食材 戻りかつお」

令和元年9月5日木曜日放送分

水産物卸売場

9月に入り、秋を感じる魚が増えてきました。

 

赤貝(宮城産)

赤貝

身の色が赤く、甘みが強くておいしいのが特徴です。

三陸のルビーといわれる閖上(宮城県名取市)の赤貝は、全国的にも有名なブランドです。

9月から入荷が始まり、冬にかけて増えていきます。

食感はプリプリとしていて、かめばかむほど甘みが出ます。

 

秋さけ(北海道産)

秋さけ

脂が一番のっているのは9月!

さけの切り口

9月から11月が産卵の時期ですが、さけの栄養が卵にいってしまうため、脂がのった身を食べるなら9月が一番適しています。

老化防止の効果をもつアスタキサンチン

さけの栄養素

さけに含まれているアスタキサンチンは、体内の活性酸素を除去するはたらきがあり、老化防止やがん予防に効果があるといわれています。

はらこ(いくら)

はらこ

さけの卵ははらこ(いくら)と呼ばれ、カロリーが高いイメージを持っている方もいるかもしれませんが、100グラムあたり272キロカロリーと、同量の豚ロース肉や牛バラ肉よりも低カロリーです。

 

戻りかつお(宮城・気仙沼産)

戻りかつお

気仙沼港の戻りかつお水揚げ量は、去年まで22年連続で全国1位を記録しています。

この時期は、漁場の水温も下がり、脂ののりもよくなっています。

戻りかつおの顔

戻りかつおは、初夏の初かつおに比べて脂質や脂肪酸が多く、脂がのっていて栄養価が高いのが特徴です。

おすすめの食べ方

おすすめの食べ方は、「かつおのたたき」です。

薬味を添えて食べるのが一般的だと思いますが、今回はそれ以外の食べ方を2つ紹介します。

塩たたき

かつおの塩たたき

かつおのたたきに塩をふりかけるだけですが、かつお本来の味を楽しめる漁師の定番の食べ方です。

鮮度のいいかつおを入手できたときは、ぜひ塩をふって食べてみてください。

マヨネーズしょうゆ

マヨネーズしょうゆ

マヨネーズに含まれるレシチンが、かつおに含まれるDHAの吸収を高めてくれます。

さっぱりとしたかつおを、とろっと楽しむことができる食べ方です。

 

今が旬の戻りかつお、色々な味つけで食べてみてください!

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144