現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 中央卸売市場 > これまでの旬の話題を紹介します > もりすた!キッチン-「旬の食材 なめたがれい」

更新日:2019年12月6日

ここから本文です。

もりすた!キッチン-「旬の食材 なめたがれい」

令和元年11月28日木曜日放送分

水産物卸売場

寒さが増してくるこの時期に、旬のお魚を紹介します。

 

なめたがれい(北海道産)

なめたがれい

東北の三陸沿岸、とくに仙台地方では、年越しに欠かせない、昔からご馳走として食べられていた魚です。

水揚げが安定し、11月中旬から入荷が増えてきました。

ぬめりが多いと新鮮!

ぬめりが多いなめたがれい

ぬめりの多い魚と書いて滑多かれいですが、このぬるぬるは、海の中を泳いでいるときはまだありません。

水揚げされたとたんに、ぬめり始めます。

ぬめりが多い方が、鮮度が高いといえるのです。

価格について

年末に価格が上がるなめたがれい

年末のなめたかれいは、価格が高騰します。

価格が安い12月初旬に購入し、煮付けにして冷凍保存しておくのもよいでしょう。

 

さわら(宮城産)

さわら

魚へんに春と書いて鰆(さわら)、春を思わせる魚ですね。

関東以北で水揚げが盛んで、12月から2月に旬を迎え、脂のりがよくなります。

冬のさわらは刺身で!

冬のさわらは刺身がおすすめ

春のさわらは、さっぱりとした味わいで、塩焼きや西京焼きにして食べるのが一般的です。

しかし、冬の東北のさわらは、東京の市場で人気が高く、脂がよくのっていて、まぐろの中トロのような食感が味わえます。

 

まぐろ(青森・北海道産)

まぐろ

海峡まぐろ

海峡まぐろが獲れる場所

年末のまぐろといえば、青森の大間のまぐろを思い浮かべる方が多いと思いますが、同じ津軽海峡で水揚げされるまぐろを海峡まぐろと言い、非常においしいまぐろです。

青森の三厩や竜飛、北海道の戸井の漁港が有名です

まぐろの切り口

夏はさっぱりとした味わいのまぐろも、冬は脂のりが良く濃厚な味わいが楽しめます。

 

寒さが増して旬の迎えた魚たちを、ぜひ食べてみてください。

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144