更新日:2019年8月2日

ここから本文です。

もりすた!キッチン-「旬の食材 しじみ」

令和元年7月25日木曜日放送分

水産物卸売場

いよいよ暑くなってきましたね。

夏を感じるお魚が市場にたくさん入荷されてきています。

 

しじみ(青森産)

土用しじみ

土用しじみ

この時期のしじみは土用しじみといって、産卵期のため身入りがよくなります。

砂抜きがポイント!

しじみのおいしさを保つポイントは砂抜きにあります。

塩水で砂抜きする

塩水で砂抜き

1パーセントの塩水で砂抜きするのがポイントです。

塩水につけると、うまみを逃さず砂抜きすることができます。

真水につけたしじみ

真水につけてしまうと、浸透圧の関係でうまみ成分が水に流れてしまいます。

冷凍保存で旨みアップ

冷凍保存すると、しじみのうまみをさらに増すことができます。

しじみがストレスを感じてグリコーゲンを出し、うまみ成分に変わります。

 

しじみのほかにも、土用といえば、うなぎを思いつく方が多いと思います。

今回はうなぎの食べ方の一例をご紹介します。

うなぎの美味しい食べ方

身がかたくならず、ふっくらとした食感を楽しめる方法をご紹介します。

  • うなぎのかば焼きの、余分なタレを水で洗い流す

うなぎの水洗い

  • 酒をふる

うなぎに酒をふる

  • 電子レンジで2、3分加熱する

うなぎをレンジで温める

 

土用の時期には、しじみやうなぎを食べて、夏バテを防止しましょう。

 

かつお(宮城産)

かつお一本

7月に入り、宮城沖に北上し、水揚げが増えてきました。

この時期のかつおは、脂がのっておすすめです。

 

すずき(宮城産)

発泡スチロールの箱に入ったすずき

夏を代表する旬の魚です。

塩焼きやカルパッチョがおすすめです。

 

たちうお(宮城産)

発泡スチロールに入ったたちうお

夏は身が厚くなり、脂がのるためおいしくいただけます。

もともと愛媛や和歌山で水揚げが盛んな魚ですが、近年、宮城沖でも水揚げが増えてきました。

近海で獲れるようになったため、鮮度がよく、刺身で食べるのがおすすめです。

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144