現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 中央卸売市場 > これまでの旬の話題を紹介します > もりすた!キッチン-「旬の食材 するめいか」

更新日:2019年7月22日

ここから本文です。

もりすた!キッチン-「旬の食材 するめいか」

令和元年7月11日木曜日放送分

水産物卸売場

7月を迎え、市場に入ってくる魚たちも夏らしくなってきました。

今が旬の魚たちをご紹介します。

 

するめいか(秋田、山形産)

発泡スチロールに入ったするめいか

するめいかは夏が旬で、身が厚くなり出回る量も増えます。

大きくなりながら青森や北海道沖へ北上していき、最近は青森でも身が大きいものが獲れるようになりました。

選ぶときのポイント

半透明のするめいか

新鮮なするめいかは、色が半透明の黒褐色をしています。

胴体がへこんでいない、張りがあるものを選びましょう。

鮮度が落ちると、内臓が溶けてしぼんでしまいます。

目が黒いするめいか

また、新鮮なするめいかは、目が黒く張りがあって飛び出しています。

おすすめの食べ方

バタポン焼き

バターとポン酢で炒めるだけのバタポン焼きがおすすめです!

 

するめいかには、かきと同じようにタウリンが含まれていますので、疲労回復効果が期待できます。

これからの季節、夏バテ防止にぜひたべてみてください。

 

岩がき

箱詰めされた岩がき

秋田と山形でよく獲れる岩がきは、6月から8月が旬です。

産卵期を迎えるため、うまみと栄養をたっぷり含み、身が厚くなり出回る量も増えます。

岩がきに含まれる栄養素

岩がきのアップ

グリコーゲンやタウリンを含んでいるため、夏バテ防止に役立ちます。

 

ミンククジラ(宮城産)

箱詰めされたミンククジラ

今年の7月1日に、31年ぶりに商業捕鯨が再開され、市場にもたくさん入ってきました。

商業捕鯨の特徴

ミンククジラの身

調査捕鯨から商業捕鯨になったことで、船上で素早く血抜きをすることができるようになりました。

調査捕鯨よりも鮮度が高く、おいしいクジラを食べることができます。

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144