現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 中央卸売市場 > これまでの旬の話題を紹介します > もりすた!キッチン-「旬の食材 ズッキーニ」

更新日:2019年7月23日

ここから本文です。

もりすた!キッチン-「旬の食材 ズッキーニ」

令和元年7月18日木曜日放送分

青果卸売場

夏が旬の野菜が多く入荷されています。

今回おすすめするのは、ズッキーニです。

 

ズッキーニ(宮城産)

箱入りのズッキーニ

ズッキーニは、パッと見ただけではきゅうりの仲間と思われがちですが、実はかぼちゃの仲間なんです。

7月が出荷のピークになります。

選び方のポイント

ズッキーニの切り口

切り口が変色していないみずみずしいものを選びましょう。

生で食べてもおいしい!

ズッキーニとハムのサラダ

ズッキーニとハムのサラダ

ズッキーニは炒めてもいいですが、実は生で食べてもおいしいです。

生だと水っぽくならず、加熱では味わえないコリコリした食感が楽しめます!

ズッキーニのわさびマヨあえ

ズッキーニのわさびマヨあえ

皮ごとピーラーで薄切りにしてもおいしくいただけます。

黄色いズッキーニ

黄色いズッキーニ

黄色いズッキーニは、緑色よりも皮が柔らかく、くせがないため、サラダにおすすめです。

初めて生で食べる方は、黄色いズッキーニで試してみるといいでしょう。

 

旬の野菜を紹介します!

パプリカ(宮城産)

色々な色のパプリカ

パプリカは宮城が生産量日本一です!

宮城は、夏涼しく冬温暖な気候のため、パプリカの栽培に適しています。

6、7月は収穫量が多くなります。

パプリカは色が変わる

赤くなったパプリカ

パプリカはもともと緑色の実をつけて、品種によって赤やオレンジなどに色が変わります。

赤、黄、オレンジのパプリカ

生産者の方の話では、黄色より赤、赤よりオレンジの方が糖度が高いそうです。

ぜひ色々な色のパプリカを食べ比べてみてください。

とうもろこし(千葉産)

一本のとうもろこしの皮をむいているところ

とうもろこしは、日照時間が多いほど糖度が増すといわれています。

今年は6、7月の気温低下や曇天のため、例年に比べて糖度が控えめな傾向にあります。

とうもろこしの実

これから夏本番、東北産が出回る8月の天候回復に期待がかかります。

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144