現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 中央卸売市場 > これまでの旬の話題を紹介します > もりすた!キッチン-「旬の食材 まだい、にしん」

更新日:2020年3月21日

ここから本文です。

もりすた!キッチン-「旬の食材 まだい、にしん」

令和2年3月5日木曜日放送分

水産卸売場

3月に入り、春を感じさせる魚が入荷されています。

 

まだい(愛媛産)

まだい

春のまだいは、桜鯛、花見鯛と呼ばれています。

3月は産卵を控えていて、脂が乗っている時期です。

選び方

まだいの鮮度

鮮度がいいものは、鮮やかな赤い色をしています。

白っぽい部分

時間がたってくると、赤身が薄くなってきます。

全体的に白っぽくなっているのは、鮮度が落ちている証拠です。

 

にしん(北海道産)

春告げ魚

にしんは、春告げ魚とも呼ばれています。

にしん

乱獲で漁獲量が減り、これまでカナダやロシアから輸入される冷凍ものが多かったのですが、稚魚の放流などで資源が回復し、3,4年前から国産が増え始めました。

おいしい食べ方

にしんをおいしく食べるには、やはり塩焼きが一番です。

塩焼き

にしんの水切り

にしんは、水分が多く身がゆるいため、朝焼いて食べる場合は、前の晩に塩をふってキッチンペーパーで包み、冷蔵庫へ入れておきます。

水切り後のにしん

塩分がじっくりと浸透して、雑味を取って身をしめて、うまみだけ残ります。

焼く前のにしんに酒をふりかける

焼く前に酒をかけると、照りが出てふっくらと焼きあがります。

ふっくら焼かれたにしん

生にしん

生にしん

生にしんの塩焼きは、冷凍に比べて骨の身離れがよく、骨が多くて食べづらいという人にもおすすめです。

昆布煮

にしんの昆布だし煮

にしんは身がふっくらしているので、昆布だしでさっと煮るのもおすすめです。

冷ましながら味を含ませるのがコツです。

火を入れすぎるとパサパサになってしまうので気を付けましょう。

 

春を代表する魚のまだいとにしん、ぜひ食べてみてください。

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144