現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 中央卸売市場 > これまでの旬の話題を紹介します > もりすた!キッチン-「旬の食材 めかぶ、はまぐり」

更新日:2020年3月23日

ここから本文です。

もりすた!キッチン-「旬の食材 めかぶ、はまぐり」

令和2年2月20日木曜日放送分

水産卸売場

この時期おいしいおすすめの食材をご紹介します。

 

めかぶ(宮城産)

めかぶ

宮城はめかぶの養殖が盛んです。

生のめかぶ

スプリングと呼ばれる生のめかぶは、市場入荷のピークは3月で、1月から4月に店頭に並びます。

選び方

生めかぶの選び方

ひだが大きく光沢があるもの、色は濃い茶色のものを選びましょう。

色が濃いと、湯通ししたときに鮮やかな緑色になります。

湯通し

湯通しのポイントをいくつかご紹介します。

ひだの間まで流水でよく洗う

流水で洗う

茎とひだを先に切り離してゆでる

茎とひだを切り離す

緑色になったらすぐ氷水で冷やす

湯通し

ゆで過ぎるときれいな色が出ないので、緑色になったらすぐお湯から上げて、氷水で冷やします。

氷水で冷やす

切り方

色々な切り方

めかぶは、ザク切り、たたき、スライスなど、切り方によって食感やねばりが異なるので、料理や好みで選ぶとよいでしょう。

おすすめの料理

焼めかぶと中華スープ

ザク切りで作る焼きめかぶ、たたきで作るめかぶとトマトの中華スープがおすすめです。

ねばりに含まれる食物繊維

めかぶの独特のねばりには、健康に欠かせないアルギン酸、フコイダンという食物繊維が含まれています。

これらには高血圧、コレステロール、高血糖値を低下させたり、口臭、体臭を予防する効果があるといわれています。

 

はまぐり(千葉産)

はまぐり

はまぐりは、産卵にむけて栄養をたっぷりためこみます。

千葉産はまぐり

今の時期は千葉産がメインで、2月から4月が旬となっています。

鮮度を聞き分ける!

音がポイント

はまぐりの鮮度は音がポイントです!

音の違い

高く澄んだ音を出す鮮度がよいはまぐり

生きているものは、たたき合わせると高く澄んだ音が鳴ります。

死んでしまっているものは、口が開いてしまっているので、鈍い音がします。

栄養

甘みとうまみが豊富

はまぐりにはアラニン、グルタミン酸、グリシンといった、甘みとうまみを生み出す成分が豊富に含まれています。

おすすめの料理

はまぐりごはんとはまぐりの酒蒸し

汁物や酒蒸しのほか、はまぐりごはんがおすすめです。

煮汁と一緒にはまぐりのうまみと栄養を余すことなく召し上がってください。

縁起物

はまぐりは、貝殻がぴったりと合うことから、夫婦円満の縁起物としてお祝いの膳に取り入れられています。

ひなまつりのメニューとしてもおすすめです!

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144