更新日:2020年10月30日

ここから本文です。

旬の食材 さんま・さわら

中央卸売市場の水産部には、さんまとさわらが入荷しています。

画像:さんま(北海道産)

画像:さわら(宮城産)

※NHK「もりすた!」10月15日放送の内容をもとに作成

 

さんま

画像:新鮮なさんま。光沢があり、背が青色、腹がきれいな銀色。背中が盛り上がって厚みがあると脂のりがよい

 

近年、著しく水揚げ量が減っているさんまですが、仙台市中央卸売市場では、10月下旬ごろから水揚げ量が増える見込みです。

新鮮なさんまは全体に光沢があって、背が青色、腹がきれいな銀色をしています。
背中が盛り上がって厚みがあるのは、身にしっかりと脂がのっている証拠です。

画像:さんまのまぜご飯。さんまの塩焼きをだしで炊いたご飯にまぜる。好みできのこを加える

画像:さんまの揚げ焼き。ソースを変えて和・洋・中で楽しめます。

さんまは定番の塩焼きだけでなく、いろいろな調理の仕方があります。
「さんまのまぜご飯」は、塩焼きにしたさんまをだしで炊いたご飯とまぜてつくります。きのこも混ぜるとさらに秋の味を楽しむことができます。

「さんまの揚げ焼き」は、さんまの身に片栗粉と薄力粉をつけて、多めの油をひいたフライパンで揚げ焼きにします。あっさりしたさんまの身はいろいろな味付けができるので、和・洋・中どのソースでも楽しめます。

 

さわら

画像:さわら(宮城産)

 

回遊魚であるさわらは、夏は南の海にいて、冬は北の海に移動します。
温暖な海を好む傾向があり、近年の海水温の上昇によって、宮城・岩手の海でも水揚げが増えています。

画像:新鮮なさわらの切り身。ツヤと張りがある、皮の模様がはっきりしている、身割れが少ない

画像:さわらのホイル焼き。味付けはお好みで

さわらを選ぶ際には、身の全体にツヤ(光にあてるときれいに光る)と張りがあり、皮の模様がはっきりしているものを選ぶとよいでしょう。

調理は、身が柔らかく、水分が多いので、ホイル焼きがおすすめです。
アルミホイルに、切り身と野菜やきのこを包んで焼くだけ。
いろいろな味付けができるので、好みの味付けで楽しんでください。

 

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144