現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 中央卸売市場 > これまでの旬の話題を紹介します > もりすた!キッチン-「旬の食材 うど、菜の花、デコポン」

更新日:2020年3月23日

ここから本文です。

もりすた!キッチン-「旬の食材 うど、菜の花、デコポン」

令和2年2月27日木曜日放送分

青果卸売場

肌寒い日が続いていますが、市場には春を感じる野菜や果物が入荷されています。

 

 

うど(秋田産)

うど

うどは、栃木、群馬、秋田の3県で、7割を生産しています。

暖冬の影響もあり、例年より若干出荷の出遅れもありましたが、太くて食べごたえのあるものが多く出回っています。

選び方

おいしいうどの選び方には、3つのポイントがあります。

全体に白くうぶ毛がついているもの

うどのうぶ毛

太くて芽の先までまっすぐ伸びているもの

まっすぐ伸びたうど

香りがあるもの

香るうど

疲労回復の効果

うどの香りに含まれるジテルペンアルデヒド

うどの独特な香りには、ジテルペンアルデヒドという成分が含まれていて、血液の循環を促すはたらきがあります。

そのため、疲労回復の効果があるといわれています。

おすすめの料理

酢味噌和えと天ぷら

うすく切って酢みそとあえたり、新芽を天ぷらにするなど、様々な料理で食べてみてください。

 

菜の花(香川産)

品質よく出荷量も安定

天候に恵まれた今年は品質がよく、出荷量も安定しています。

3月いっぱいまでの入荷予想です。

選び方

つぼみが固く開いていないもの

つぼみが固いものを選ぶ

茎の切り口がみずみずしいもの

茎の切り口がみずみずしいものを選ぶ

苦み成分

苦み成分

菜の花に含まれる苦み成分は、イソチオシアネートと呼ばれていて、下記の効果があるといわれています。

  • 血液をサラサラにする
  • がん細胞の発生を抑える

おすすめの食べ方

おひたし

イソチオシアネートは、細かく刻んだり、すりおろしたりして、野菜の細胞が壊れると生成されるので、よくかんで食べてください。

 

デコポン(熊本産)

デコポン

今年は出荷が早めに行われたため、市場への入荷量が増え、手にとりやすい価格になってきました。

デコポン独特のでっぱりの大きさは、味には影響しないので、好きな方を選んでください。

つまようじで皮をむく

デコポンは、つまようじを使って皮をむくことができます。

横に一周切れ目をいれる

つまようじで横に一周切れ目をいれる

真ん中につまようじを刺して、横に一周切れ目をいれます。

このとき、身を傷つけないように気をつけてください。

上下の皮をひねる

上下の皮をひねってずらす

一周したら、上下の皮をひねってずらし、上半分をとります。

残りは手でむく

残りは手でむく

残った皮は、みかんのように手でむくことができます。

薄皮もやわらかいのでそのまま食べられます。

花粉症対策

デコポンには、ヘスペリジンという成分が含まれていて、アレルギー反応を抑制する働きがあるため、花粉症対策にも効果があります。

 

今が旬でたくさん出荷されるうどや菜の花、デコポンを、ぜひ食べてみてください。

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144