更新日:2021年7月27日

ここから本文です。

旬の食材 うなぎ・しじみ

今年の土用丑の日は7月28日。
中央卸売市場にも、土用丑の日の主役・うなぎとしじみが入荷中です!

※NHK「もりすた!」7月9日放送の内容をもとに作成

 

うなぎ

画像:うなぎのかば焼きは簡単便利なごちそう商品として売れ行き好調!

季節の変わり目である土用丑の日には、特定の料理を食べるという習慣がありました。
かば焼きでおなじみのうなぎもその一つ。
コロナ禍の影響もあり、うなぎのかば焼きは自宅でも手軽に食べられるごちそうとして、売れ行きが好調です。

かば焼きの状態で売っているうなぎは、おいしく食べるためにちょっとした工夫がいります。
それは、あっためる前にうなぎを水洗いすること。

「水洗いなんかしたら、タレが落ちて味がしなくなるのでは?」と思うかもしれませんが、
タレは焦げ付きの原因になるので、余分な分は洗い落とすのがポイントです。
あとは写真のとおり、身に酒を一振りして、トースター等で焼くだけ。表面はカリッと、中は柔らかいかば焼きができあがります!

画像:うなぎのかば焼きに酒をひとふりして電子レンジで温める

画像:うなぎのかば焼きをトースターなどで焼く

 

しじみ

土用丑の日の定番といえばうなぎですが、この時期のしじみは「土用しじみ」と呼ばれ、夏バテ防止の効果があるといわれています。

画像:青森産のしじみ


しじみが旬を迎えるのは、春から夏、そして冬の年2回ありますが、この時期のしじみは産卵を控えているため、身がふっくらしているのが特徴です。

画像:産卵を控え実がふっくらとしたしじみ

 

しじみで問題になるのが、砂抜き。
これは以下のとおりの下処理をすることで、改善することができます。

画像:しじみの砂抜きのポイントは塩、常温、暗い所

手順としては、

  1. 大き目のボールに濃度10%の食塩水をつくる(水1リットルにつき10グラムの食塩)
  2. ザルに入れたしじみをボールに浸す(ザルはボウルの底につかないように、水はしじみにかぶるくらいにするのがポイント)
  3. 常温・暗い場所で保管(冷蔵庫の中は水温が低く、しじみが砂を吐き出さなくなるのでNG)
  4. 30分から1時間ほどで完了

以上のような手順が完了したら、あとは調理するだけ。
定番のしじみ汁にして、うなぎのかば焼きと合わせれば、夏バテ解消間違いなし!

例年より早く梅雨明けし、暑い日が続く今年の夏。うなぎとしじみを食べて克服しましょう!

 

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144