更新日:2022年3月29日

ここから本文です。

ワクチン接種(せっしゅ)について

ワクチン接種(せっしゅ)について

接種(せっしゅ)の目的(もくてき)

新型(しんがた)コロナの 病気(びょうき)の 症状(しょうじょう)が 出(で)ることを 予防(よぼう)します。亡(な)くなる人や 病気(びょうき)が 重(おも)くなる人(ひと)を 少(すく)なくします。

たくさんの人(ひと)に 新型(しんがた)コロナが 広(ひろ)がることを 防(ふせ)ぎます。

 

接種(せっしゅ)できる 人(ひと)

次(つぎ)の 1.、2.の どちらにも 当(あ)てはまる人(ひと)が 接種(せっしゅ)できます。

1.5歳(さい)以上(いじょう)の 人(ひと)

2.接種(せっしゅ)する日(ひ)に 仙台市(せんだいし)に 住民票(じゅうみんひょう)がある人(ひと)※

※ただし、 長(なが)い期間(きかん)、 入院(にゅういん)している(ひと)や 施設(しせつ)に入(はい)っている人(ひと)などは、 仙台市(せんだいし)に 住民票(じゅうみんひょう)がなくても 接種(せっしゅ)を 受(う)けることができます。

 

接種(せっしゅ)に かかる お金(かね)

接種(せっしゅ)は 無料(むりょう)<=0円(えん)> です。

※仙台市(せんだいし)は ワクチンを受(う)けるための お金(かね)を求(もと)めたり 個人情報(こじんじょうほう)を 聞(き)いたりしません。 あやしい 電話(でんわ)が かかってきたら、 警察(けいさつ)や 仙台市(せんだいし)消費(しょうひ)生活(せいかつ)センター〔電話番号(でんわばんごう)):022-268-7867〕に 相談(そうだん)してください。くわしくは、消費生活(しょうひせいかつ)センターのページを 見(み)てください。

 

接種(せっしゅ)の 回数(かいすう)

 

  1. ファイザー社(しゃ)のワクチン
    1回目(かいめ)の接種(せっしゅ)から 3週間(しゅうかん)後(ご)に、 2回目(かいめ)の 接種(せっしゅ)を 受(う)けます。 1回目(かいめ)の接種(せっしゅ)から 3週間(しゅうかん)を過(す)ぎた 場合(ばあい)は、できるだけ 早(はや)く 2回目(かいめ)の 接種(せっしゅ)を 受(う)けてください。
    5歳(さい)から 11歳(さい)の人(ひと)は、ファイザー社(しゃ)の小児用(しょうによう)<=こどもの ための>ワクチンを 接種(せっしゅ)します。
  2. 武田(たけだ)/モデルナ社(しゃ)のワクチン
    1回目(かいめ)の接種(せっしゅ)から 4週間(しゅうかん)後(ご)に、2回目(かいめ)の 接種(せっしゅ)を 受(う)けます。 1回目(かいめ) の接種(せっしゅ)から 4週間(しゅうかん)を過(す)ぎた 場合(ばあい)は、できるだけ 早(はや)く 2回目(かいめ)の 接種(せっしゅ)を 受(う)けてください。
  • 追加接種(ついかせっしゅ)<=3回目(かいめ)の接種(せっしゅ)について
    2回目(かいめ)の接種(せっしゅ)を受(う)けて、6か月(げつ)以上 経(た)った人(ひと)に、接種券(せっしゅけん)を 送(おく)ります。 追加(ついか)の 接種(せっしゅ)は 1回(かい)だけです。
    接種券(せっしゅけん)が 届(とど)いた人(ひと)は、 接種(せっしゅ)の予約(よやく)をしてください。

 

ワクチンを 受(う)けるか 受(う)けないかは 自分(じぶん)で 決(き)めることが できます

ワクチンを 受(う)けるか 受(う)けないかは 自分(じぶん)で 決(き)めることが できます

接種(せっしゅ)による 感染症(かんせんしょう)予防(よぼう)の効果(こうか)と、副反応(ふくはんのう)のリスクの 両方(りょうほう)があります。自分(じぶん)で考(かんが)えて、接種(せっしゅ)を受(う)けてください。接種(せっしゅ)には、 本人(ほんにん)の 同意(どうい)<=賛成(さんせい)すること>が 必要(ひつよう)です。

今(いま)、 他(ほか)の 病気(びょうき)で 薬(くすり)を 飲(の)んでいる人(ひと)や、 体調(たいちょう)が 悪(わる)い人(ひと)、 ワクチンを 受(う)けるのが 心配(しんぱい)な 人(ひと)は、 いつも行(い)く 病院(びょういん)の 医者(いしゃ)などに 相談(そうだん)して、 ワクチンを 受(う)けるかどうか 決(き)めてください。

お問い合わせ

仙台市新型コロナウイルスワクチン接種専用コールセンター
電話番号:0120-39-5670