現在位置
トップページ>
学ぶ・楽しむ・活動する>
文化振興>
「仙台フィルメンバーによる弦楽四重奏コンサート in 国際センター駅」を開催します

「仙台フィルメンバーによる弦楽四重奏コンサート in 国際センター駅」を開催します

平成28年1月19日

バレンタインデーの午後、地下鉄東西線の“駅なか”から、心温まる歌声と「愛」のメロディーをお届けします。
ご家族や友人、恋人と、柔らかな弦楽器の音色に包まれながら、楽しいひとときをお過ごしください。

1 日時

2月14日(日曜日)

  • 第1回公演「“駅なか”から聞こえる『合唱』のたのしみ」 13時~
  • 第2回公演「弦楽四重奏が奏でる『愛』の世界」15時~

2 会場

地下鉄東西線「国際センター駅」2階多目的ホール(青葉区青葉山) ※入場無料

3 出演

仙台フィルメンバー4名

  • 小山あずさ(ヴァイオリン)
  • 岡村映武(ヴァイオリン)
  • 清水暁子(ヴィオラ)
  • 八島珠子(チェロ)

4 共演

みやぎの「花は咲く」合唱団(下記の※に出演)

5 演奏曲

【第1公演】

  • 美しきロスマリン(クライスラー)
  • ポルカ「観光列車」(J.シュトラウスⅡ世)
  • 知床旅情(森重久彌)※
  • 花は咲く(菅野よう子)※ ほか

【第2公演】

  • 愛の挨拶(エルガー)
  • 映画「ニューシネマパラダイス」より「愛のテーマ」(E.モリコーネ)
  • めぐり逢い(アンドレ・ギャニオン)
  • 弦楽四重奏曲第2番より(ホロディン) ほか

6 主催

仙台市

[みやぎの「花は咲く」合唱団]

おもに宮城野区の仮設住宅や復興公営住宅、津波浸水地域、防災移転地域に住む50代から80代の有志40名で構成された合唱団。
仙台オペラ協会のソプラノ齋藤翠氏を講師に迎え、2013年10月から活動を始める。当初「花は咲く」だけを歌うために集まった合唱団だが、現在は二部合唱にも取り組み、レパートリーを増やしている。
これまでに宮城野区文化センターでのコンサートを2度、また、仙台クラシックフェスティバル2013街なかコンサートへの出演を果たした。今年は1月17日蒲生町内会解散式、3月11日仙台市追悼式へ出演する予定。


Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてください。

このページのトップへ戻る