現在位置
トップページ>
学ぶ・楽しむ・活動する>
文化振興>
舞台スタッフ・ラボ×みやぶん演劇学校=パトナシアター演劇公演『わたしの家』を開催します

舞台スタッフ・ラボ×みやぶん演劇学校=パトナシアター演劇公演『わたしの家』を開催します

平成28年2月18日

演劇公演『わたしの家』は「舞台スタッフ・ラボ」の発展・創作コースと「みやぶん演劇学校」の合同企画として実施するものであり、舞台スタッフ・ラボの受講生が舞台創作を行い、みやぶん演劇学校の受講生が役者として出演します。

受講生の「家」にまつわる思い出をテーマに展開されるストーリーをぜひお楽しみください。

会場

宮城野区文化センター パトナシアター(宮城野区五輪2-12-70)

日時

2016年2月20日(土曜日) 13時00分、16時00分の2回公演(開場各30分前)

入場料

無料(直接会場にお越し下さい)

脚本・構成・演出

横山真(TheatreGroup ″OCT/PASS″、平成27年度みやぶん演劇学校ファシリテーター)

出演

安部信嗣、大山久翔、小出侑佳、郷内宣子、佐藤しげ子、山本芽依
みやぶん演劇学校より

スタッフ

舞台監督:澤野正樹
照明:髙橋亜希
音響:本儀拓
制作:渡辺千賀子
舞台スタッフ・ラボ2015 発展・創作コース参加メンバー

※「舞台スタッフ・ラボ」について

劇都仙台事業の一環として、舞台芸術に関わる人材育成を目的に、スタッフワークや表現の楽しさを学ぶ講座として毎年開催している。
レベル別に「基礎コース」と「発展・創作コース」の2つのコースを設けており、基礎を学んだ方向けの「発展・創作コース」では、公演現場にスタッフとして従事し、生の舞台づくりを体験できる。

このページのトップへ戻る