現在位置
トップページ>
健康と福祉>
健康・医療>
医療相談>
脳脊髄液減少症について

健康と福祉

脳脊髄液減少症について

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)とは

 脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)については,診断基準があるものの,頭痛,めまい,吐き気等の症状が中心の判定基準であり,国において診断基準を検討するため,科学的根拠に基づく診断基準の作成や有効な治療法等に関して,平成19年度に研究班を設置し,研究が進められています。

 一方で,この疾患の治療や診断を行っている医療機関に関する情報が少ないことから,患者が受診できる医療機関を探すことが困難な状況にあります。

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)の診療・相談が可能な医療機関

 宮城県において、県内の診療可能な医療機関を調査し、その結果をホームページで公表しております。

        みやぎのお医者さんガイド(別ウインドウで開きます)

東北各県の情報

関連情報

           「脳脊髄液減少症」の研究について(別ウインドウで開きます)

   ※ 「特発性低髄液圧性頭痛」で検索の上、該当ページを参照願います。

このページのトップへ戻る