現在位置
トップページ>
健康と福祉>
子育て>
児童手当・子ども手当、医療費助成、貸付など>
子ども医療費助成

健康と福祉

子ども医療費助成

対象者と助成内容

 仙台市に住んでいるお子様で、通院は小学校3年生修了、入院は中学校3年生卒業まで、勤務先の健康保険(各種社会保険、国保組合)または、仙台市国民健康保険に加入している方が対象となります。

 お子様が病院等を受診した際の保険診療による自己負担額から下記金額を除いた分を助成します。
 (医療機関での窓口負担金は以下の表の利用者一部負担金の額となります。)

利用者一部負担金表

利用者一部負担金表

通院 

入院

対象年齢

利用者一部負担金

対象年齢

利用者一部負担金

0歳から2歳まで

無料

0歳から未就学児
(6歳到達年度末まで)

無料

3歳から小学校3年生
(9歳到達年度末まで)

初診時 500円
再診時 無料

小学校1年生から
中学校3年生まで

 1回の入院につき10日目までは1日500円
(11日目以降は無料)

※ 加入している健康保険から高額療養費等が支給される場合、その額を差し引いて助成します。
※ 入院中の食事にかかる負担金(食事療養費の標準負担額)は助成されません。 

助成を受けるためには

 生まれた日や転入した日から助成を受けるためには、30日以内に区役所保険年金課、総合支所保健福祉課で、資格登録の申請をする必要があります。
 (30日を過ぎて申請された場合は、申請した月の1日からの登録となります。)

資格登録の申請の際には健康保険証などが必要になりますので、下記をご確認ください。

資格登録の結果について

 資格登録申請後に所得の審査を行います。
 所得制限未満の方には『受給者証』を、所得制限以上の方には『支給停止通知書』をお渡しします。
 支給停止通知書については、加入している健康保険から提出を求められることがありますので、大切に保管してください。

対象にならない場合

一定以上の所得がある場合や、生活保護を受けているときは助成を受けられません。

※  災害等の特別な事情により生活に困窮している場合に限り、申し立てにより所得制限が緩和されることがあります。

※  所得が限度額以上で助成が受けられない場合でも、一度資格登録されますと、お子様が中学校を卒業されるまで、毎年9月末に保護者の所得を審査し、その結果をお知らせしますので、あらかじめ資格登録の申請をされておくことをお勧めします。

所得制限の限度額表

1月~9月に助成を受け始める方はその年の前々年、10月~12月に助成を受け始める方は、その年の前年の所得状況により判定されます。 

所得制限の限度額表

扶養親族の人数

0人

1人

2人

3人

4人

所得限度額

532万円

570万円

608万円

646万円

684万円

<所得とは>
 給与所得の場合、1年間に支払われた給料、手当賞与等の合計(総収入額)から、一定割合の控除額 (給与所得控除額)を差し引いた残りの額【給与所得控除後の金額】のことです。

<扶養親族の人数とは>
 地方税法に基づき市民税を算出するときに控除された控除対象配偶者および扶養親族の合計数です。

※ 所得の判定は、受給者及び受給者の配偶者それぞれの所得が判定対象となります。

※ 扶養親族数が4人を超えた場合の限度額は、1人につき38万円を加算した額になります。

※ 16歳未満の年少扶養者については、扶養親族数に含まれます。

※ 次のものが所得から控除されます。

 

  • 社会保険料相当額として一律8万円
  • 老人控除対象配偶者、老人扶養親族(扶養親族のうち70歳以上)1人につき6万円
  • 雑損、医療費控除等を受けている場合はその額
  • 本人および扶養親族が障害者等の控除を受けている場合は、一定の額 

医療機関にかかるとき

医療機関の窓口へ受給者証と保険証を提示して診療を受けてください。

※  ただし、次の場合は、一部負担金を支払いのうえ、直接、区役所・総合支所の担当窓口に保険点数が記載された領収書を提出してください。後日、登録いただいている口座へ助成額を振り込みます。

  • 県外の病院(薬局)で受診したとき
  • 病院の窓口で受給者証を提示しなかったとき
  • 子ども医療費助成の取扱いをしていない医療機関で受診したとき 

資格登録に必要なもの

  1. 保険証 (お子様の名前が記載されたもの)
  2. 預金通帳(ゆうちょ銀行も可。保護者(受給者)名義のもの)

※  県外受診等で医療機関等の窓口で負担金を支払った場合、その分の助成額を振込む口座として使用します。

●仙台市に転入された方へ

 10月~12月に助成を受け始める方で、本年1月1日現在、保護者が仙台市外に居住していた場合、前市区町村の長が交付した所得証明書が必要になります。1月~9月に助成を受け始める方で、前年1月1日現在、保護者が仙台市外に居住していた場合、前市区町村の長が交付した所得証明書が必要になります。

 6月~9月に助成を受け始める方は、2年度分(前年、前々年)の所得証明書が必要な場合がありますので、お問い合わせください。 

お問い合わせ・資格登録の申請先

  お住まいの区の下記の窓口にお問い合わせください。
 青葉区役所保険年金課   TEL 022-225-7211 (代)
 宮城総合支所保険年金課 TEL 022-392-2111 (代)
 宮城野区役所保険年金課 TEL 022-291-2111 (代)
 若林区役所保険年金課   TEL 022-282-1111 (代)
 太白区役所保険年金課   TEL 022-247-1111 (代)
 秋保総合支所保健福祉課 TEL 022-399-2111 (代)
 泉区役所保険年金課    TEL 022-372-3111 (代)

Word形式ファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。
Microsoft Wordをお持ちでない方は、Word Viewerをダウンロードしてください。
Excelのファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Excelが必要です。
Microsoft Excelをお持ちでない方は、Excel Viewerをダウンロードしてください。

このページのトップへ戻る