現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > よくある質問 > 防災・災害対策 > 防災対策 > 自分の家で地震に備え、どんなものを備蓄しておけばいいのでしょうか?

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

自分の家で地震に備え、どんなものを備蓄しておけばいいのでしょうか?

質問

自分の家で地震に備え、どんなものを備蓄しておけばいいのでしょうか?

回答

各ご家庭で非常持ち出し袋を備えていただき、日頃取り出しやすい所に保管してご家族みんながその場所を確認しておくことが大切です。
非常持ち出し品の例としては、食料及び飲料水(1人1日3リットル)、救急セット及びご家族が常用している医薬品、防寒に適した衣類及び毛布や寝袋、その他通帳、印鑑などの貴重品や懐中電灯、ラジオ、ローソク、防水ビニールシートなどがあげられます。また、大きめのビニール袋も数枚あると便利です。
家族構成や健康状態によって最適な非常持ち出し袋を家族で話し合ってみましょう。

お問い合わせ

危機管理室減災推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-3109

ファクス:022-214-8096