更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

災害用伝言ダイヤル171の利用方法

地震などによる大規模災害発生時には、安否確認やお見舞いなど電話を利用する方が非常に多く、被災地域内における電話が大変つながりにくくなってしまいます。このため、消防活動などの被災者救援活動に支障をきたす場面が多くみられます。

大規模災害発生時には、被災地域との電話による連絡は控え、災害用伝言ダイヤル171を活用しましょう。

また、宮城県沖地震は、今後10年間に70%程度の確率で発生すると言われています。いざという時のために、災害用伝言ダイヤル171の利用方法を確認しておきましょう。

毎月1日に「災害用伝言ダイヤル171」を体験できます。
いざという時のために、利用方法を確認しておきましょう。

関連リンク

インターネット

携帯電話・PHS

お問い合わせ

危機管理室減災推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-3109

ファクス:022-214-8096