更新日:2017年6月29日

ここから本文です。

仙台市地域防災リーダー(SBL)養成講習会

日時・会場

SBLになるためには、2日間の講習(実技も含みます)を受講することが必要です。

平成29年度仙台市地域防災リーダー(SBL)養成講習会
講習会 日時 会場
1日目
 (右のどちらか1日)
10月24日(火曜日)

太白消防署

(太白区山田北前町15-1)

10月29日(日曜日) 泉消防署
 (泉区将監4丁目4-1)
2日目
 (右のどちらか1日)
11月7日(火曜日) 仙台市役所本庁舎2階第二委員会室
 (青葉区国分町3丁目7-1)
11月12日(日曜日) 仙台市役所本庁舎2階第二委員会室
 (青葉区国分町3丁目7-1)

※講習時間は2日間とも、9時~17時までです。

※託児が必要な方は減災推進課(214-3109)までご相談ください。

 

募集

方法・人数

各区の連合町内会長協議会からの推薦と、一般公募により受講者を募集します。

連合町内会長協議会からの推薦(約35名)

平成29年6月に各区の連合町内会長協議会に推薦依頼書をお送りします。

一般公募の場合(約15名)

申込書を下記配布場所より入手、もしくはこのページよりダウンロードの上、危機管理室減災推進課あて郵送、またはファクスでご応募ください。

一般公募の募集期間は、平成29年7月1日~7月21日までです。(応募多数の場合は、選考させていただきます。)

また、申込み内容について電話にて確認させていただく場合があります。

申込書の配布場所
  • 市役所本庁舎1階 市民の部屋
  • 市役所本庁舎2階 危機管理室減災推進課
  • 各区役所総合案内
  • 宮城総合支所まちづくり推進課
  • 秋保総合支所総務課
  • 各消防署

受講対象者

  1. 市内の町内会に所属し、自主防災組織または町内会の防災活動などに、5年以上を目安としてできるだけ長く関わることができること
  2. 災害発生時に、地域で率先して活動できる行動力があること
  3. 連絡先を地元の町内会長、連合町内会長及び市立小中高等学校へ提供することに同意できること
  4. 連絡先を他の地域防災リーダーへ提供することに同意できること

受講決定

 平成29年8月末頃までに、各区連合町内会長協議会及び受講者ご本人に対し、通知いたします。

講習カリキュラム

下記の内容を2日間にわけて受講していただきます。

1 自助・共助・公助の役割

自助・共助・公助について、リーダーの役割、地域との連携についての基礎知識

2 自分の住んでいる地域の特性の理解

地域特性を踏まえた防災マップの作成、地域防災力診断

3 常日頃備えておく技能

避難誘導の基礎知識、初期消火、救出・救護等の実践訓練

4 自主防災組織の機能を高めるための活動

自主防災計画づくり、災害時要援護者の避難支援、さまざまな防災ゲームの紹介

5 東日本大震災の経験から

避難所生活の体験談など

6 避難所運営

避難所運営の基礎知識

7 まとめ

地域で実施したい防災・減災活動についての意見交換、理解度チェック

養成講習会のようす

 講義の写真 訓練の写真 DIGの写真

講習修了者には

仙台市地域防災リーダー(SBL)認定証及び地域の防災活動で使用していただくためのオリジナルヘルメットとビブスを貸与します。

関連ファイル

平成29年度募集パンフレット(一般公募用)(PDF:459KB)

申込書(一般公募用)(ワード:41KB)

申込書記載例(一般公募用)(PDF:145KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

Wordビューアダウンロード

Word形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。Microsoft Wordをお持ちでない方は、Word Viewerをダウンロードしてください。Word Viewerのダウンロードページ

お問い合わせ

危機管理室減災推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-3109

ファクス:022-214-8096