現在位置ホーム > くらしの情報 > くらしの安全・安心 > 防災・災害対策 > 津波避難訓練を実施します

更新日:2017年10月19日

ここから本文です。

津波避難訓練を実施します

平成29年11月5日(日曜日)は「津波防災の日」です。当日、津波避難エリアの居住者の方々などに対象に、安全な場所まで避難していただく津波避難訓練を実施します。

津波避難訓練における発災の想定

平成29年11月5日(日曜日)の午前8時30分、三陸沖を震源とするマグニチュード9.0、仙台市内における震度は6強の地震が発生し、午前8時33分、宮城県に大津波警報が発表されます。仙台港への津波到達予定時刻は、地震発生から45分後の午前9時15分です。

津波広報訓練

大津波警報の発表を受けて、次の広報訓練を行います。

  • 津波情報伝達システム(屋外拡声装置)による広報
  • 緊急速報メールの配信
  • 杜の都防災メールの配信
  • 消防車両及び区役所の広報車両による広報
  • 津波避難エリア内への車両進入を防ぐための宮城県警察による交通規制(実際の交通規制は行いません。)
  • ヘリコプターによる広報
  • 仙台港における宮城海上保安部の巡視船による広報

避難訓練

津波避難エリアの居住者の皆様は、津波避難広報訓練で広報される大津波警報発表の情報を入手し、「津波避難施設・場所」などの安全な場所まで避難します。詳しくは「津波への備えと対応」をご覧ください。

津波への備えと対応

津波情報伝達システムによる広報について

仙台市東部79カ所に設置した屋外拡声装置により、津波避難広報を行います。広く確実に広報を行う目的から、大きな音量で放送されますので、ご理解をお願いします。詳しくは、「津波情報伝達システム」をご覧ください。

津波情報伝達システム

緊急速報メールの配信について

災害情報、避難情報などを、迅速、かつ確実に周知する目的から、「緊急速報メール」を配信します。市内で携帯電話をお持ちの方に一斉に送信されます。(一部対象外の機種があります。)今回の津波避難訓練においても、大津波警報発表時の広報訓練として、平成29年11月5日(日曜日)の午前8時33分頃に配信します。市内の全域が対象となりますので、あらかじめご了承願います。

お問い合わせ

危機管理室減災推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-3109

ファクス:022-214-8096