更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

健康・子育て支援・福祉施設の改善成果事例

健康福祉局

健康・福祉施設の改善成果事例

施設名

改善項目

改善の成果

仙台市福祉プラザ

福祉図書コーナーにパソコンを設置し,利用者が蔵書検索をできるようにしました。

利用者が,目的とする図書をスムーズに見つけられるようになりました。

仙台市宮城社会福祉センター

当施設内の花壇の一部を,利用者との交流を目的とした「交流農園」として活用しました。

農園を設置したことで,多くの利用者と世代間交流する場ができたと好評を得ました。(子育てサークルによるさつまいもの栽培等)

大野田老人福祉センター

※(社福)仙台市社会福祉協議会が運営

今年の夏は,例年より暑いこと等が原因で,熱中症の症状の疑いのある利用者が数名発生したため,経口保水液を準備し,緊急時に備えました。

また,利用者の熱中症予防対策として,窓口に冷水等を設置しました。

利用者から,冷たくておいしい水が飲める等の声が挙がり,大変好評でした。その結果,熱中症予防につながりました。

囲碁将棋や卓球,読書等に集中するあまり,閉館時間(16時30分)に気づかない利用者も多かったため,閉館時間の5分前(16時25分)に,閉館時間をお知らせするBGMを流すようにしました。

閉館時間をお知らせするBGMを流すようになってからは,閉館時間が近づいていることに利用者が気づくようになり,閉館時間を守って利用いただけるようになりました。

台原老人福祉センター

※(社福)仙台市社会福祉協議会が運営

窓口相談記録の様式を作成し,施設利用に係る要望や,他の機関・窓口への取次ぎなどの窓口対応を記録するとともに,職員間で情報を共有しました。

また,市内相談窓口(地域包括支援センター,ボランティアセンター,老人クラブ等)の情報を収集し,利用者に提供しました。

利用者のご意見やニーズを積極的に収集する意識が醸成されました。また,情報を職員全員で共有することで,窓口対応のスキルの平均化をは図ることができました。

受付窓口に隣接して長机を1台増やし,入館票,利用申込書,アンケート等を座って記入できるスペースを拡張しました。

座って記入できるスペースが増えたことで,利用者からは好評を得ています。また,受付周りの混雑を分散することができました。

仙台市郡山老人福祉センター

※(社福)仙台市社会福祉協議会が運営

貸館事業で,時間通りに終了していただけない利用者に対して声掛けで注意を促していましたが,目立つ場所へ「時間厳守」と張り紙を掲示しました。

利用者に自主的に利用時間を守っていただけるようになりました。

健康相談の一環としての血圧測定を,従来は健康相談室で実施していましたが,浴室入口の涼み場でサテライト形式で実施し,血圧測定をしやすい環境にしました。

平成26年度相談件数(血圧測定も含む。)が1,446件と,前年度の同時期と比較して約3倍に増加しました。

「和室(畳の部屋)でも正座でなく椅子に腰かけたい」との利用者の要望により,和室にカーペット等を敷いて畳を保護し,その上に椅子を置いて利用していただきました。

従来は畳の上で正座等で利用していたが,椅子に座れることで,「膝の負担が軽くなった」との好評を得ています。

男子トイレの小便器の脇の汚れが目立っていたので,指示的な表現を避けたユニークな標語等を掲示し,きれいに使ってもらえるように呼びかけました。

張り紙掲示前と比較すると,明らかに汚れが少なくなりました。さらに,「楽しい張り紙だ」と好評をいただきました。

亀岡老人福祉センター

※(社福)元気村が運営

施設内で独自に“明るいトイレキャンペーン”を実施,下記の取り組みを行いました。

トイレットペーパーホルダーを,予備ホルダー付の白いプラスチックホルダーに交換しました。

洗面台の鏡を,化粧鏡に交換しました。

洗面台や壁に,季節の花(造花)や動物柄のシールを貼りました。

清掃具は防炎カーテンで目隠ししました。

芳香剤を置きました。

築47年経っている古い男女共用トイレですが,季節感のある明るいイメージのトイレになったと喜んでいただいています。

トイレ壁装飾の画像

電位治療器を浴室棟ロビーに2台導入しました。

利用者からの好評を得ています。

男女浴室脱衣所のカーペットは,長年使用して擦り減ったり黒ずんでいました。利用者からの声をいただき,床に人工芝を敷きました。

人工芝は足触り,緑の色合いとも好評です。

脱衣所床人工芝の画像

玄関ロビーに大型(高さ2.2メートル)のクリスマスツリーを飾りました。

来館者から「大きいツリーですね。きれいだね!」と喜んでいただけました。近くの幼稚園の園児も見に来ました。

建物の外,2階のベランダの手すりにセンサーライトを取り付けました。

街灯が無く,18時頃には真っ暗でしたが,センサーライトを設置した結果,明るくなり,足元を気にせず歩けるようになりました。また,防犯にも一役買っています。

紅白の幕を購入し,毎月恒例のお誕生会の会場に貼り付けました。

出席者からは,「おめでたい雰囲気が出る」と好評です。

2階大広間の障子に引手を取り付けました。

障子の開け閉めが楽になりました。また,障子の破れがなくなり,張替の手間がなくなりました。

障子引手の画像

健康増進センター

※(公財)仙台市健康福祉事業団が運営

中に手すりがないトイレ個室もありましたが,構造上設置が可能な各階のトイレ個室に手すりを設置しました。

障害者や高齢者をはじめ,どなたにでも利用しやすい施設の整備ができました。

ロッカーの貸出しについて,隣とぶつかって着替えづらいという苦情があったため,少人数利用時の貸出しの際は,間隔を空けて貸し出すようにしました。

ロッカーの貸出しに関する苦情が減りました。

駐車スペースが限られているため,邪魔になっていた高木を伐採しました。

利用者から,駐車しやすくなったとの評価を得ています。

子供未来局

子育て支援施設の改善成果事例

施設名

改善項目

改善の成果

子育てふれあいプラザ泉中央

3階ひろば

※(一社)マザー・ウィングが運営

利用者同士の情報交換ボードを設置し,欲しい情報がひろば内のどの位置にあるのかを明示しました。

利用者が欲しい情報が,ひろば内のどの位置に置いてあるかが分かりやすくなりました。利用者が情報交換ボードの案内を見て,ボードの下の情報棚からファイルを見つけて調べている様子が多くみられます。

情報交換ボードの画像

絵本の年齢別の分類ごとに,絵本棚を色分けして分かりやすくしました。

棚の分類が分かり難く,絵本を戻しにくかったのが,利用者が分かりやすく戻せるようになりました。絵本が選びやすくなり,また,絵本の分類・整理が自然とできるようになりました。

絵本棚の画像

赤ちゃんがおもちゃを舐めた時のために,おもちゃ拭き用のタオルを設置しました。

赤ちゃんが舐めたおもちゃを,利用者が自分で拭けるようになりました。消毒液に浸したタオルであることを明示しているため,衛生面への安心感も増して好評です。

おもちゃ拭き用タオルの画像

ひろば内を走り回る子どもによる衝突・転倒を避けるため,ふれあいひろばとおひさまひろばの間に,パーテーションを設置しました。

パーテーションの設置により,子どもがひろば内を走り回ることが少なくなり,危険な場面も減りました。

パーテーションの画像

お問い合わせ

総務局行財政改革課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3 階

電話番号:022-214-1207

ファクス:022-224-4404