現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2017年度(平成29年度) > 9月 > 平成29年度包装削減キャンペーンを実施します

更新日:2017年9月29日

ここから本文です。

平成29年度包装削減キャンペーンを実施します

仙台市ではレジ袋を含めた包装削減によるごみ減量のため、平成19年から毎年、市民団体・事業者・市の協働による包装削減キャンペーンを実施しています。

今年もごみ減量をさらに進めるため、ごみ減量・分別キャンペーン「WAKE UP(ワケアップ)!!仙台」と連動して包装削減を呼び掛けます。

1 実施期間

10月1日(日曜日)から31日(火曜日)

 

2 取り組み事業者数(210事業者、1,537店舗に要請)

レジ袋削減に関する懇談会関係事業者(スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、デパートなど)、エコにこショップ・オフィス認定事業者、薬局

※エコにこショップ・オフィス
仙台市内で積極的にごみ減量・リサイクルに取り組んでいるお店や事業所

 

3 事業者店頭での取り組み

(1)キャンペーンポスターやワケルくんスタンドポップの掲示

(2)ワケルくんがレジ袋削減を呼び掛ける店内放送の実施 など

 

4 街頭等での取り組み

市民団体の方々との協働により、ポケットティッシュを配布しながら包装削減を呼び掛けます。

(1)交通局タイアップによる啓発の実施

交通局の「マナーアップ・キャンペーン」(10月1日(日曜日)~31日(火曜日))とタイアップし、市民団体・高校生・市職員がレジ袋の削減と乗車マナーの向上を呼び掛けます。

1.日時  10月4日(水曜日)7時40分~8時30分

2.場所  地下鉄仙台駅・勾当台公園駅

(2)コンビニエンスストア店頭における啓発の実施

市民団体・市職員がコンビニエンスストアでレジ袋の削減を呼び掛けます。

1.日時・場所

10月12日(木曜日)11時30分~13時30分 ローソン仙台木町通中央店・仙台木町通一丁目店・仙台二日町晩翠通店

10月18日(水曜日)12時00分~13時00分 セブンイレブン仙台上杉勾当台通店

10月20日(金曜日)11時30分~13時30分 セブンイレブン仙台北目町店・仙台トラストシティ店

10月24日(火曜日)12時00分~13時00分 ファミリーマート仙台本町店

 

5 レジ袋の有償提供実施による削減実績

平成29年3月末時点で、12事業者88店舗がレジ袋の削減に取り組んでいます。

平成28年度は平成27年度と比べ、削減枚数では増加しましたが、平均辞退率は横這いとなっており、東日本大震災発生前の水準に回復するには至っていません。

今後は、辞退率・削減枚数のさらなる底上げと、より一層の普及・啓発に向けて、引き続き事業者・市民団体との協働による取り組みを強化していきます。

 

レジ袋の有償提供実施による削減実績の推移
年度

年度末

実施店舗数

平均辞退率

(%)

削減枚数

(万枚)

(原油換算)

(千ℓ)

(ドラム缶換算)

(千ℓ)

19年度 14 83.5 963 133 665
20年度 74 84 3,051 421 2,105
21年度 70 85.6 5,586 771 3,855
22年度 73 85.5 5,351 738 3,690
23年度 76 81.1 5,038 695 3,475
24年度 78 83.1 5,265 727 3,635
25年度 79 83.3 5,467 754 3,770
26年度 84 82.9 5,776 797 3,985
27年度 87 82.9 5,968 824 4,120
28年度 88 82.9 6,227 859 4,295
累計     48,692 6,719 33,595

※原油換算 レジ袋1枚あたりの使用エネルギー(資源採取~最終処分)を原油換算(13.8ml/枚・LLサイズ)した数値を基に算定

※ドラム缶換算 原油換算値を、ドラム缶(1本あたり容量200ℓ)の本数で記したもの

※各年度の削減枚数は、データ欠損などによる未報告や、事業者からの報告に基づく修正などを適宜行っており、過去の公表値と異なる場合がある


事業者の店頭に置くスタンドポップ
スタンドポップ画像

交通局とタイアップしたポケットティッシュ
ポケットティッシュ画像

 

お問い合わせ

環境局家庭ごみ減量課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎3階

電話番号:022-214-8229

ファクス:022-214-8277