現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2017年度(平成29年度) > 10月 > スポーツ施設にも小型家電リサイクルの回収拠点を拡大します

更新日:2017年10月31日

ここから本文です。

スポーツ施設にも小型家電リサイクルの回収拠点を拡大します

 仙台市は、東京2020大会のメダルを製作する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト※」に参加しています。このたび、市では本プロジェクトの更なる周知及び小型家電リサイクル促進・普及のため市内のスポーツ施設2カ所に、小型家電回収施設を拡大します。また、メダル製作用の使用済み携帯電話専用回収ボックスを市役所本庁舎1階の市民の部屋前に設置します。市内に設置している回収ボックスから回収された携帯電話や小型パソコンから抽出された金属が東京オリンピック・パラリンピックのメダルになりますので、ぜひ回収にご協力ください。

拠点拡大実施日

 平成29年11月1日(水曜日)

回収拠点

  • 宮城野区

  弘進ゴム アスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)宮城野区宮城野2丁目11-6

  • 太白区

  カメイアリーナ仙台(仙台市体育館) 太白区富沢1丁目4-1

※上記とは別に、市役所本庁舎1階市民の部屋に、メダル製作用の使用済み携帯電話専用回収ボックスを設置します。

回収品目

 回収ボックスの投入口(30cm×15cm)に入る長さ30cm以下の家電製品が対象です。
例:携帯電話、デジタルカメラ、小型ゲーム機、電卓、電子辞書、ACアダプターなど

注意事項

  • 一度回収ボックスに入れた小型家電は返却できません。
  • 個人情報が含まれる場合は、個人情報を消去してから回収ボックスに入れてください。
  • バッテリーは取り外してから回収ボックスに入れてください。
  • 回収ボックスに完全に入らない家電製品は、粗大ごみとして出してください。
    粗大ごみ受付センター  電話:022-716-5301

その他

※「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」
東京2020オリンピック・パラリンピックで使用する金・銀・銅あわせて約5,000個のメダルの全てを、回収された小型家電から抽出・リサイクルした金属で製作することを目指す国民参画型プロジェクト。


お問い合わせ

環境局家庭ごみ減量課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎3階

電話番号:022-214-8226

ファクス:022-214-8277