現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2016年度(平成28年度) > 3月 > 2カ所の津波避難ビルが完成 全津波避難施設(13カ所)の整備が完了します

更新日:2017年3月17日

ここから本文です。

2カ所の津波避難ビルが完成 全津波避難施設(13カ所)の整備が完了します

2カ所の津波避難ビルが完成 全津波避難施設(13カ所)の整備が完了します

新たな津波避難施設として、若林区三本塚(さんぼんつか)地区および笹屋敷(ささやしき)地区の津波避難ビル2カ所が完成します。これに合わせ、住民や消防団員に対し利用説明会を開催します。

今回の2カ所は、津波避難タワーに併せて、東日本大震災で津波被害を受けた消防団施設を復旧したもので、1階、2階がポンプ車等の消防団機械器具置場、3階が避難スペースになっています。災害時は消防団活動の拠点となるほか、地域の緊急避難場所や平常時の防災訓練などにも活用し、住民等の避難意識の定着を図ります。

なお、この2カ所の完成により、仙台市で計画している津波避難タワー6カ所、津波避難ビル(消防団施設併設)5カ所、津波避難屋外階段2カ所の計13カ所全てが完成となります。

利用説明会

  1. 三本塚津波避難ビル 平成29年3月19日(日曜日)午前10時30分から11時30分
  2. 笹屋敷津波避難ビル 調整中

  地域住民および消防団員の方が対象で、非常時の利用方法や備蓄品等の取り扱い説明を行います。

施設概要

三本塚(さんぼんつか)津波避難ビル

 利用開始日:平成29年3月19日(日曜日)

 所在地:若林区三本塚字権太49-2

 構造等:鉄筋コンクリート造3階建 屋外階段、スロープ付き 延べ面積 445.33平方メートル

 高さ:3階避難スペース 7.5メートル、屋上避難スペース 11.0メートル

 収容人員:約250人

 備蓄品:簡易トイレ3台、発電機1台、防災行政用無線1台

     毛布・非常食・飲料水

三本塚津波避難ビル画像

 

 

 

笹屋敷(ささやしき)津波避難ビル

 利用開始日:平成29年3月28日(火曜日)

 所在地:若林区荒井字笹屋敷157ー6

 構造等:鉄筋コンクリート造3階建 屋外階段、スロープ付き 延べ面積 475.66平方メートル

 高さ:3階避難スペース 7.5メートル、屋上避難スペース 11.0メートル

 収容人員:約300人

 備蓄品:簡易トイレ3台、発電機1台、防災行政用無線1台

     毛布・非常食・飲料水

笹屋敷津波避難ビル画像

お問い合わせ

危機管理室防災計画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-3047

ファクス:022-214-8096