現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 緑・公園・河川 > 緑・公園・河川に関する条例・計画 > 広瀬川の清流を守る条例 > 広瀬川の清流を守る条例/環境保全区域における許可基準のあらまし(2)

更新日:2017年7月25日

ここから本文です。

広瀬川の清流を守る条例/環境保全区域における許可基準のあらまし(2)

屋根や壁のルール

屋根や壁の色のルールを設け、河川と調和し、統一感のある環境づくりを目指します。

許可基準

周辺の土地の自然的環境と著しく不調和にならず、緑に調和するよう、明るさや鮮やかさを抑えた暖色系の色とします。(マンセル色体系による)

  • 色相(色み)
    色あいの違いを表しています。
  • 明度(明るさ)
    明るい、暗いといった色の明るさの程度を表しています。
  • 彩度(あざやかさ)
    鮮やかな、にぶいといった色みの強さを表しています。

屋根その他これに類するもの

色相:2.5Rから5YRの範囲内であること

明度:
彩度:
明度の値と彩度の値を加えた値が10以下の範囲内であること

 

外壁その他これに類するもの

色相:2.5Rから5Yの範囲内であること
彩度:2以下であること

 

マンセル色体系とは

色知覚の三属性(色相・明度・彩度)を尺度化した色表示方法をいいます。

色相により基本となる色みが決まり、色相毎に明るさ、鮮やかさに細分化されます。

 

宅地の造成に関するルール

河岸で切土や盛土を実施する場合に、河岸環境に対する影響を抑制します。

  • 河岸で切土や盛土を実施する場合に、河岸環境に対する影響をできるだけ抑制します。

既存樹木の保全、造成部の緑化、自然崖の改変防止

 

その他

土地の開墾、土石の採取、土石の集積、その他土地区画形質の変更について、ルールがあります。

 

環境保全区域のあらまし

お問い合わせ

建設局河川課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎6階

電話番号:022-214-8327

ファクス:022-268-4312