現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2017年度(平成29年度) > 5月 > 「仙台市広瀬川清流保全審議会」から市長に答申書が提出されます

更新日:2017年5月16日

ここから本文です。

「仙台市広瀬川清流保全審議会」から市長に答申書が提出されます

「仙台市広瀬川清流保全審議会」から市長に答申書が提出されます

 平成28年6月、市長から仙台市広瀬川清流保全審議会(※)に対して諮問していた「環境保全区域における行為の制限に係る許可基準のあり方」について、審議会での答申がまとまったことから、市長へ答申書が提出されます。

 

日時

5月19日(金曜日)午前10時~

会場

市役所本庁舎3階 特別応接室

提出者

仙台市広瀬川清流保全審議会

会長 宮城 豊彦 氏(東北学院大学教養学部教授)

対応者

市長、建設局長

答申の概要

建築行為等に係る許可基準のあり方について

  • 自然的環境の保全のために確保されている土地の状態を考慮する
  • 建築行為等が行われる土地の区域特性の違いを考慮する

 

※仙台市広瀬川清流保全審議会

 広瀬川の清流を守るための重要事項を調査審議するため、昭和50年2月に設置された。委員は、学識経験者、行政機関の職員、関連する分野の専門家など16名。

お問い合わせ

建設局河川課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎6階

電話番号:022-214-8327

ファクス:022-268-4312