現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > スポーツ > スポーツに関するお知らせ > 保原彩夏選手ならびに張本智和選手に「賛辞の楯」を贈ります

更新日:2016年12月20日

ここから本文です。

保原彩夏選手ならびに張本智和選手に「賛辞の楯」を贈ります

バトミントン世界ジュニア選手権女子ダブルスで優勝した保原彩夏選手ならびに卓球世界ジュニア選手権男子シングルス・男子団体で優勝、男子ダブルスで準優勝した張本智和選手が、大会結果報告のため市長を表敬訪問します。また、両選手が世界大会で活躍した栄誉を称え「賛辞の楯」を贈ります。

 

日時

12月26日(月曜日)16時~16時30分

会場

市役所本庁舎3階 第1応接室

市民の皆さまには、両選手来庁の際(15時50分頃)、本庁舎1階ロビーにて両選手をお出迎えいただけます。市役所本庁舎入口で両選手に花束を贈呈します。

受贈者

保原 彩夏(ほばら・さやか)選手
石巻市出身、聖ウルスラ学院英智高校3年生、18歳。小学校3年生からバトミントンを始める。聖ウルスラ学院英智中学3年当時全国中学校体育大会団体3位。オランダジュニア選手権大会2016女子ダブルス優勝。ドイツジュニア2016選手権大会女子ダブルス優勝。

張本 智和(はりもと・ともかず)選手
仙台市出身、東宮城野小学校卒。13歳。全日本選手権大会バンビの部を皮切りに、バンビ・カブ・ホープスの部6連覇。今年4月から仙台を離れJOCエリートアカデミー(東京)に入校。

対応者

市長(賛辞の楯授与)、議長(花束贈呈)

参加方法

両選手来庁の際のお出迎えをご希望の方は、15時50分頃まで本庁舎1階ロビーへお越しください。(事前申込不要)

賛辞の楯について

本市に関係の深い個人または団体で、芸術・文化・スポーツ・その他の分野におけるすぐれた活動または業績により、広く市民に感銘を与え、かつ本市のイメージアップに大きく貢献した方(個人・団体)を表彰するもの。これまで44組を表彰している。

お問い合わせ

総務局秘書課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1145

ファクス:022-214-1120