現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 建築・都市開発・災害対策 > 防災・防火 > 高圧ガス・液化石油ガス・火薬類関係事務 > 「平成28年度仙台市危険物・高圧ガス事故防止連絡会」を開催しました!

更新日:2016年11月25日

ここから本文です。

「平成28年度仙台市危険物・高圧ガス事故防止連絡会」を開催しました!

目的

 危険物や高圧ガスを取り扱う事業所・関係団体における事故防止に向けた取り組みや事故事例の発表、消防機関からの最新の行政情報の提供等、加えて有識者による講演を通して「事故防止アクションプラン」の普及啓発を図り、もって危険物・高圧ガスに係る事故を効果的に低減することを目的としています。

事故防止連絡会の様子

  • 日時
    平成28年11月18日(金曜日)
    午後1時から午後4時30分
  • 場所
    仙台市宮城野区文化センター
  • 参加者
    関係団体8団体
    危険物・高圧ガス事業者約270名

内容

第1部「危険物の部」、第2部「特別講演の部」、第3部「高圧ガスの部」

(他業種の事故防止に対する取組みを参考にしていただくため、各部の参加は自由としました。)

1 事業所事例紹介(自主保安に関する取り組みなどについて)

 第1部「危険物の部」では、セイコーインスツル株式会社様から「危険物事故防止の取り組みについて」と題して、事故防止に対する課題と今後の取り組みについてご紹介いただき、第3部「高圧ガスの部」では、株式会社仙台サンソセンター様から「東日本大震災の被災状況と復興」と題して、震災の被災経験による教訓と課題を踏まえたBCP(業務継続計画)の見直しとその活用についてご紹介いただきました。

セイコーインスツル株式会社様

セイコーインスツル株式会社様

株式会社仙台サンソセンター様

株式会社仙台サンソセンター様

2 行政からの情報提供

 「危険物取扱者免状の返納命令」及び「高圧ガス関連の事故発生状況」について情報提供を行いました。

3 特別講演

特別講演の様子

 第2部では、特定非営利法人失敗学会 理事 平松雅伸様から「失敗事例に学ぶ~爆発・火災事故を教訓に~」と題して、起こってしまった事故という失敗に対し直接的な原因と根幹的な原因を研究し、類似事故を防ぐための手法を学ぶ失敗学について、国内で発生した石油化学製品製造工場で発生した爆発火災事故の事例を交えながら、ご講演をいただきました。

お問い合わせ

消防局危険物保安課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-1411